結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201110月01

KR93SPフルスペ:夜明けの物語仕立て

マリンアクアリウム エイジ 13:10
この記事を含むタグの全記事リスト: eco-lamps KR93SP LEDライト

LEDの照度がメタハラを凌駕したと騒がれて久しい昨今、我々の次なる要求はスペクトルの充実であった。しかしながら、その後もリリースされる製品はすべて白LED+青LEDの見慣れたスペクトル。可笑しい。。。照度競争は終わったはずなのに、この迷走は一体。。。もしや壮大なドッキリなのか?

誰か、引き金を引ける者はいないのか?

そんな折、BHの和田氏から突拍子も無い話がやってくる。
「KR93を送るから、好きなように改造してくれ」と。
今思えば、あの時すでに彼は夜明けへの模索に迫られていたのだろう。
それを僕に託したということか。。。

それから一ヵ月後、僕は叩き台としてのフルスペクトル試作一号機を完成させた。
そして、その結果を元に、LED素子の選定からスペクトル設計までを見直し、今度はKR93の生みの親eco-lamps社に試作二号機の製作を委ねた。そして更にその二号機をも土台として、ついに最終デザインが決定した。

それがKR93SPフルスペクトルエディションver.3だ!

かくしてKR93SPの最終スペクトルは、ノーマル機からどれほどの変貌を遂げたか?

KR93ノーマルとKR93SPフルスペクトルエディションのスペクトル比較

まず、緑から赤にかけての特性には、特にこれといった違いは見受けられないだろう。
一方、UV 400nmからシアン500nmまでのブルー帯域を徹底的に増強・発達させた。

なぜこのスペクトルが必要なのか?

18インチ・ノーマル機の光束はおよそ4,000lm。
対してフルスペは3,000lm弱。

果たして1,000lm以上もの犠牲を払ってまで獲得したフルスペクトルに、
一体どれほどの価値があるというのかっ!?

各社メタハラのスペクトル比較

あああ。。。沁みる。。。沁みるよ。。。
そうだった。。。僕らは忘れていたんだ。あの太陽の恵みを。。。

こうして我々は、照度に次ぎ、ついにフルスペクトルをも手に入れてしまった!

もう、見えない敵に振り回されるのは終わりにしよう。
あとは、あの時のように、平穏な日々の大船に乗って、サンゴの成長だけを純粋に見つめていられる、そんな安息の日々を取り戻そう。。。
きっとそれは出来るはずだ。
だって、僕らはもう知ってしまったのだから。
メタハラに代わる、本当のフルスペクトルを。

いや、ちょっと待て。
それじゃただのメタハラだ。
そんなもんじゃない。

これぞLEDシステムライト!
調光機能・タイマー機能が、その真価を発揮する!
それが、水深スペクトルの再現だ!

海洋の水深スペクトル分布と、KR93SPでの水深イメージ

調光・タイマー機能を使えば、日照変化のための時間と光量を設定することが出来る。その際、白チャンネルと青チャンネルの比率を好みに設定すれば、日照変化と共に目的の水深スペクトルをも再現してしまうというのだ。。。

照度? フルスペクトル?
もっとだ・・・もっと・・・
この虹の向こう側、その先の次元へ・・・
そう、我々はもう一歩、足を踏み出してしまったのだ。
水深スペクトル制御という、究極の未踏の地へ!

さあ、あなたの大切な水槽へ、KR93SPを処方しましょう♪
違いの判るあなたにも。
サンゴを想うあなたにも。

ご予約はこちら

■CAST
LED Professional Manufacturer : eco-lamps
Marine Aquarium Pro Shop : Blue Harbor
Marine Aquarium Community : 1.023world

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説