結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201210月07

KRレビュー・エイジ賞 9月分

マリンアクアリウム エイジ 18:10
この記事を含むタグの全記事リスト: eco-lamps KR93SP LEDライト

遅くなりました。
KRクラブにあるKRレビューの中から、9月分のエイジ賞を選出しました。

まっすんさん、ラススキさん、hanapapaさん、おめでとうございます♪

はい、本来1名の選出ですが、迷ったので勝手に3名選ばせていただきました!笑
つきましては、
まっすんさんとラススキさんとhanapapaさんは、
F.P.ドクターの●●色くれぇぇぇ!
とBHへご連絡願います。
あるいはBHからの連絡をお待ちください。
松本嬢、連絡と発送よろしくです♪

ちなみに、既に全色揃ってる方がおられましたら、なんか別のプレゼントをおねだりしてみてください(笑)

尚、前回8月分の発表はこちら

KRレビュー・エイジ賞 9月分 一人目

KR設置約7ヶ月 - まっすんさん

受賞理由
F.P.ドクターの用途をよく理解されている点
それらを写真で紹介されている点
青系の維持が容易であることに気づかれている点、など

KRレビュー・エイジ賞 9月分 二人目

LPS主体です。 - ラススキさん

受賞理由
スコリミアの色変化を判りやすく写真で紹介されている点
その際の設定を併記されている点
色変化の経緯を詳細に紹介されている点、など

補足
ちなみに、スコリミア2の藍色と表されている色素については、実際に僕も過去に店舗でいくつかの個体を調べましたが、厳密には藍色では無く、ディープレッド(極めて黒に近い赤色で、蛍光かどうかは不明)の類いでは無いかと感じました。
理由は、

  • 青系とするにはUV~青の光にまったく反応しない事
  • 赤光を当てると赤味が浮きあがって見える事

しかし、蛍光と呼べる明らかな発光量ではないため、単に演色でそう見えただけかも知れません。いずれにしても、フルスペでは十分に補えない波長(650-700nm?)が必要であるなら、現時点ではこの色素を維持する事は困難だと思われます。

あるいは、この色素が蛍光タンパクではなく、もしフィコビリンのような色素であるなら、もっと中域の波長(緑~橙)を強化する事で、維持に繋がるかも知れません。フルスペは出力の多くをUV~青に費やしているため、どうしても中域~赤を強化するには台数が必要になりますから。。。汗
あるいは中域が補完できるスポット(LeDio RS122 FW等)を足してみてください。

尚、スコリミア1の紺色については、これは写真の写りが正しいならば、紺色(青系)で正解だと思います。それならフルスペの400-420nmで維持は容易だと思います。

KRレビュー・エイジ賞 9月分 三人目

3カ月経過後の感想 - hanapapaさん

受賞理由
F.P.ドクターの用途をよく理解されている点
色変化の経緯を詳細に紹介されている点、
違いの判る男の考察ぶり、等

hanapapaさんは8月もデビル賞を受賞されていましたが、そんなの関係ねぇぇぇ!ってくらい9月も良いレビューだったので、特に見えない力が及ぶ事も無く(笑)気持ちよく選出させて頂きました♪

■KRレビュー・エイジ賞、次回は10月分を11月初旬に発表予定

引き続き、今月もKRユーザーさんの有益なレビューをお待ちしてます!
いつのレビューか判るように2012/●/●追記と言う形で工夫してください。

尚、そもそもKRレビュー賞って何?って方はこちらをご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説