結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20148月29

スペクトラ最新版の使い方

サイト運営日誌 エイジ 04:39
この記事を含むタグの全記事リスト: スペクトル

最新版スペクトラ1.0β使用方法ページを、即席ですが用意しました。
スペクトラ内からはヘッダにある[?]ボタンからアクセスできます。
こんな感じ↓のページなので、縦にスクロールしてご覧ください。
(スマホに最適化してるのでパソコンから見ると小さくて見づらいです)
パソコンでも見やすく作り直しました。
使用方法ページ(英語)
使用方法ページ(日本語)

スペクトラ使用方法ページ

同じものをスペクトラ案内ページ内にも掲載しましたので、パソコンから見るならそっちの方が見やすいでしょう。

かなりザックリした取説ですが、普通に使うにはこれで十分理解できると思います。
基本的には光源ソースをプラスボタンで足していけば、それらの合成スペクトルと各光学データが算出されます。
用途としては、現在お使いの水槽照明がトータルでどんなスペクトルになっているのか、そこへどの製品を何台足せば理想的なスペクトルになるのか、などが容易にシミュレーションできます。
その他、より専門的な部分で不明な点があれば別途お尋ねください。

また、iPad mini Retinaを調達したので、動作テストを行いました。合格です♪

動作テストにiPad miniを追加

但し、今までの案内で大事なことが抜けていたことが判明。。。
CSVのインポート/エクスポート機能は、iPad/iPhoneではご利用頂けません!汗
パソコンまたはAndroidスマホおよびタブレットでのみ可能です。
ご了承ください。

例えば、外出先でスペクトル設計をするなら、UPRtek MK350 + WiFiオプション + Androidが最強です♪
まず、スマホからMK350を操作して測定したスペクトルデータをスマホにCSV保存し、そのままスマホからスペクトラにCSVファイルを放り込めば、即座にスペクトラに光源ソースとして登録できるので、外出先でもガンガンスペクトル設計が出来ちゃいます♪
え? そんな人いない?汗

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説