結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20139月02

旧LeDio 9から新LeDio XS071への進化

マリンアクアリウム エイジ 01:10
この記事を含むタグの全記事リスト: LeDio 9 LeDio XS071 volxjapan

今回は、9/6に新しくリリースされるLeDio 9の後継LeDio XS071について、新旧どこがどう変わったのか比べてみたいと思います。

今回の新旧対決では、以下のモデルの比較を行いました。

  • Grassy LeDio 9+ PearlUV3
  • Grassy LeDio XS071+ ReefUV

いずれも、UV入り白系メイン照明として位置づけされているモノです。

LeDio 9 vs LeDio XS071

LeDio 9+ PearlUV3は、白色LED×3とRoyalBlue×1をベースにUV 400nm×3をブレンドした画期的なLEDスポットランプで、当時は世界初のUV搭載スポットとして世界的にも話題になりました。発案は僕、作ったのはボルクスジャパン、2009年秋から試験運用を開始し、発売は2010年4月になりました。そして、その後のアクア業界へのUV LEDの理解と普及を願い、ボルクスジャパンに土下座(笑)して特許や実用新案を辞退してもらい、他社への縛りを無くしました。その甲斐あって、その後は各社からUV LED入りスポットが次々とリリースされ、皆さんのお手元に行き渡ることとなりました。皆さんもUV 400nmの波長によるサンゴ色揚げへの効果を、さぞ実感されたことと思います。

但し、一部で粗悪なUV素子を安易に採用し、後にLEDが変色したり焦げたりする事故を招いた業者がいたことは、本当に残念でした。事前に申告や相談があればこちらも色々と助言できたのに。。。しかも消費者への救済対応もまったく聞きませんでしたし、被害に遭われた方々には本当に心苦しい思いです。
だから模倣される業者の皆さん、せっかくアイデアが無償で使えてコストダウンできるのですから、せめて礼儀をわきまえることはもちろんのこと、その分、余念のない計画・設計・実験・検証にコストを回してしっかりと製品化してください。専門メーカーなら当たり前にやっていることであり、それが事故防止や消費者の利益に繋がます。肝心な部分までコストを省いて安く提供できたって何の自慢にもなりませんよ。

おっと、またいつもの脱線が。。。汗

一方、LeDio 9の生産終了から早1年以上が経ちましたが、満を持してと言う言葉がまさにピッタリでした。ようやくリリースされるその後継の名は、Grassy LeDio XS071。型名がガラッと変わりましたが、同じ1W駆動×7素子構成の小型LEDスポットになります。
特徴は、見た目のスタイルはそのままに、寸法も消費電力も重量も一回り小さくなりましたが、その反面、光量とスペクトル性は飛躍的な進化を遂げたのです。LeDio 9当時の2010年から現在の2013年までの3年間で目覚ましく進化を遂げた最新のLED素子をベースに、実績あるスペクトル技術を組み合わせることで実現したのが、LeDio XS071シリーズの見事なまでのハイスペックと言う訳です。

ま、能書きはこれくらいにして、比較を進めましょう。

まず、外観の違いから。左が旧LeDio 9、右が新LeDio XS071です。

LeDio 9 vs LeDio XS071 外観

本体仕様比較 LeDio 9 LeDio XS071
消費電力 [W] 9W 8W
レンズ [°] 拡散プリズム 50° 拡散プリズム 50°
寸法 [mm] 75mmφ×103mm 70mmφ×100mm
重量 [g] 213g 186g
ラインナップ 8タイプ 6タイプ

外観は本当にそっくりですが、すべてに於いて一回りシェイプされたのが判ります。
イメージ的には、か弱い妹?的な?笑

あ、そうそう、もう一つの違いはPSEを取得している点です。ま、ちゃんとしたメーカーなら言うまでも無いことですが、巷にはちゃんとしてない業者もいるとかいないとか。。。
そう言えば、最近某国の製品は携帯でもイスでも何でもかんでも爆発してるそうです。。。そんな馬鹿な。。。 恐ろしい。。。

おっと、また脱線。。。

そして、スペック比較です。

LeDio 9 vs LeDio XS071 スペック

30cm光量測定 LeDio 9+
PearlUV3
LeDio XS071+
ReefUV
光合成光量子束密度
PPFD [μmol/m2/s]
106 201
JIS照度 [lx] 4,062 5,654
簡易照度 [lx] 4,970 9,080

注意事項として、比較に用いたLeDio 9は約2年使用しており、光量の低下が考えられ、スペクトルも変異している可能性があります。確かにUV 400nmはビンビンですが、白色LEDの波長強度が公式(簡易照度:6,460lx)よりだいぶ落ちている(約2割ちょい減)ようです。チップの劣化よりも蛍光体の劣化の方が早いって事なのかも?
と言う訳で、LeDio 9を少し贔屓目で見る感じで解釈してください(笑)

さらに、スペクトルの絶対強度での比較がこちら。
いつものように、縦軸は単位は無いけど強度を表しています。

LeDio 9 vs LeDio XS071 スペクトル強度

光エネルギー総量では、LeDio 9+ PearlUV3のPPFDが106、XS071 ReefUVのPPFDが201と、約2倍近くの差があるのも、グラフの面積から容易に頷けます。
旧UV×3と新UV×1の波長強度差が、まさにここ3年のLEDの進化を表していますね。 また、旧White×3と新White×2の波長強度の差も全くありません。その分、420nm/470nm/500nmを盛り込むことができるため、結果的に光エネルギー総量もここまで叩き出せた、と言うことなのでしょう。なるほど納得です。

何が妹だ!?
これじゃ、アラレちゃんじゃないかっ!!!
んちゃ♪

(通じるのか?笑)

LEDは長寿命って言うけど、これだけスペックが進化したら、、、やっぱり新しいのが欲しくなりますよねぇ♪
LEDの進化はまだまだ続きそうです。。。

新LeDio XS071のラインナップについては前回の記事を参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説