結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20133月28

T5レビュー:KZ

この記事を含むタグの全記事リスト: T5 スペクトル 蛍光灯

多分、これがT5レビューの最終章かな?

ちなみに今まで調査してきたT5管はこちら。

最終章はKZです。

KZ

以前のSFILIGOIと同じで、特に凝った包装は無し。
コスト削減と見るか、手抜きと見るか。。。笑

  • KZ - NewGeneration 14K
  • KZ - CoralLight 10K
  • KZ - Superblue 20K
  • KZ - FijiPurple

KZ 球

でも、バルブには品名がしっかりとプリントされてますよ。

光色はこんな感じ。

KZ 光色

名前からして、NewGenerationが後発で、CoralLightが初期の白球なのかしら?
そうなると、CoralLightの方の品名がよく判りません。ページによっては、10Kと書かれてたり50% blue - 50% whiteと書かれていたり。。。それに、「CoralLight」自体はブランド名のようで、どの球にも印字されてるし。。。
ま、いっか。

また、KZには他社のようなUV系420nm球が無く、その代わりFijiPurpleが有名ですが、こちらはあくまで見た目だけピンクの、言わば緑弱め3波長白球ってとこです。
・・・もしかしてZEOvitでは蛍光タンパクはあまり重要視されてないのかな?
元々が褐虫藻過疎化プログラムだし、蛍光タンパクは必然的に増加傾向に傾くとか?
でも、だったらそこへUV系を足せば、もっと蛍光タンパクにブーストがかかるやん♪
先生、実験レシピに加えてください♪

では、スペクトルです。まずはMK350にて測定した分。

KZ スペクトル MK350測定

続いて、LR1にて測定した分。

KZ スペクトル LR1測定

僕のLR1はUVを最優先してチューニングされた200-1200nm仕様なので、赤がちょい弱めに出てますが無視してください。500nm台後半以降はMK350のが正しいです。

NewGeneration 14Kの方が緑がやや弱めなので、CoralLight 10Kより若干涼しいアクアブルーホワイトです。それはスペクトルからも判ります。ただ、球をあれこれ足していく上で、最終的にはこの違いの意義は微妙かも知れません。

Superblue 20Kは、例に漏れず他社と同じスペクトルのようです。
また、白球もそうですが、14K/10K/20Kと言う色温度は正確では無く、色度座標からも判るとおり、相当大きくかけ離れているようです。どの球も正確には100000K以上の算定不能な領域ですし。。。もしかして、アクアで示される色温度表記って、実際の色度座標に関係なく、メーカーのフィーリングで適当に付けられたものなのかも知れませんね。

あと、FijiPurpleですが、これは3波長白球の蛍光体のうち緑を弱めたモノで、青と赤のスペクトル構成は一般の白球と同一です。やはりクロロフィルに照準を合わせてるのかな?
ちなみに、昔はFijiではなくFujiかと思ってました。藤色のフジ(笑)
結局、フィジーから来たネーミングなのかな?
フィジーのなんだろ? フィジーのスペクトル???

最後にKZオールスター歌合戦です。

KZ NewGeneration14K+CoralLight10K+Superblue20K+FijiPurple

この構成での30cm光量測定結果は、

簡易照度 19,230 lx
JIS照度(AA級) 10,390 lx
PPFD 322 umol/m2/s
UV (A+B) 8.2 uW/cm2

お♪  明るい???

・・・いや待て、KZの場合Actinic 420nm系を入れてないので、FijiPurpleを緑弱めホワイトと位置づけるなら、実質白球3本構成と同義なので、このまま他社と光量を比較するのは不公平です。なので、一応目安として、FijiPurpleを外してATI Actinicを入れてみた光量も測っておきました。それがこちら↓

簡易照度 17,120 lx
JIS照度(AA級) 8,876 lx
PPFD 293 umol/m2/s
UV (A+B) 13.9 uW/cm2

うむ。。。歴代4位くらいかな。。。納得。。。

と言うかですね、いまさらなんですが、気付いたことがあります。
T5灯具の稼働時間によるのか、球によるのか、点灯開始から一定時間を置いて安定しているのかと思いきや、なかなかそうでもないようです。試しに5分おきに30分まで測ってみたら、結構変動しています(汗)。しかも面白いことに、簡易照度とUVは徐々に減少、JIS照度とPPFDはジワジワ上昇だったり。。。5分後測定はやめて、30分後測定か60分後測定にしないとダメかなぁ。。。困った困った。。。

次回は、T5レビューのまとめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20133月27

T5レビュー:UVLighting

この記事を含むタグの全記事リスト: T5 スペクトル 蛍光灯

忘れた頃にまたまたT5ネタ!
だって、本当に忘れた頃に届くんだもん♪

ちなみに今まで調査してきたT5管はこちら。

今回はUVLightingです。
社名からしてUVにこだわってそうなネーミング♪
あ、どうかは知りませんけど(汗)

UVLighting

  • UVLighting - Aquasun
  • UVLighting - Actinic White
  • UVLighting - 454
  • UVLighting - Super Actinic

UVLighting 球

うむ。WavePointみたいに球が色分けされてて識別しやすい♪

で、光色ですが・・・

UVLighting 光色

白系はAquasunとActinicWhiteを調達したんだけど、どっちも赤味が強い。。。
なぜか?
それはスペクトルを見れば一目瞭然です♪

まずは、UPRtek MK350にて測定したスペクトル。

UVLighting スペクトル(MK350測定)

続いて、ASEQ LR1で測定したスペクトル。

UVLighting スペクトル(LR1測定)

僕のLR1はUVを最優先してチューニングされた200-1200nm仕様なので、赤がちょい弱めに出てますが無視してください。500nm台後半以降はMK350のが正しいです。

標準の白球でさえこんなに赤いなんて、今までのT5管にはない感じですね。
公式サイト見ても、どれも赤大盛りな印象ですし。。。
これじゃ、知らない人が見たら、
UVLightingって、UV強化メーカーだからどの球も赤っぽく見えるのかなぁ?
なんて思われそうな懸念が。。。
ん? 確信犯???

UVLightingとは言えUV入ってませんよ~
単純に赤が多いから赤いのよ~笑

さて。特別にご紹介したいのは、上から2番目のActinicWhiteです。
なんと!?
普通の3波長白色蛍光灯に、最初からActinic 420nmをブレンドしてある球です♪
どうせあとで混ぜるんだし、初めからブレンドされてたら超有り難いねっ♪
こーゆーの待ってた~っ!!!
これぞ使い回しでは無い、本当のアクア専用設計~♪

ところが、、、左を膨らませたら、右がへっこんだ???
420nmを足した分、何故かブルー長波長側がゴッソリ囓られてます(曝)
じ・・・じれったい。。。苦笑

ちなみに、それ以外の球はいつもと同じスペクトルなので割愛ね。。。

最後に、上記4タイプを混ぜるとスペクトルはこうなります。

UVLighting Aquasun+ActinicWhite+454+SuperActinic

この構成での光量測定結果は、

簡易照度 14,450 lx
JIS照度(AA級) 8,796 lx
PPFD 252 umol/m2/s
UV (A+B) 26.1 uW/cm2

うむ。。。歴代最下位じゃった。。。汗

次回はKZです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


20133月23

Kessil A350を試す

この記事を含むタグの全記事リスト: LEDスポット スペクトル

またまたこれな~んだ???

Kessil A350

前回のKessil A150Wに続き、Kessil A350 TUNA BLUEだぎゃぁ~!

Kessil A350 BOX

Kessil A350 TUNA BLUE:外観

外観。

Kessil A350 外観

2つのチャンネルCH1CH2で手動調光が可能です。

奮発して、専用クリップ(LSS研究所オリジナル)も調達しました♪
作りはガッシリしてますが、首を振るとネジが緩みます♪笑

Kessil A350 TUNA BLUE:ビーム

ビーム。
比較のためにA150Wも並べてみました。

Kessil A350 / A150W ビーム

僕が買ったA350は集光62°ですが、言うても見た目80°くらいかしら?
ちなみにA350Wなら広角で約140°だそうです。

Kessil A350 TUNA BLUE:光量

光量測定。いつものように30cm距離です。

Kessil A350 光量

あり?
暗くね???

照度が1万lxでビーム角が80°なら、単純計算でLEDの光束は・・・2,000lm弱?
さらにビーム角を50°換算すると、照度は・・・3万lxちょい?
ん~、まあ、そんなもんなんかな???
(計算方法はこのページの一番下を参考にどうぞ)

てことは、それなりにサンゴやるなら、最低でも3-4灯は必要ですね。。。
でも、集光でこの光量ってことは、散光だったら・・・汗

可笑しいな。。。本当に90Wあるんかな?
と思ったら、実測73-74Wでした(汗)

仮にLeDio RS122なら、レンズ60°で、消費電力21Wで、軽く3万lxオーバー。。。
あまりの格差が腑に落ちないので、実際に並べてみました。
尚、RS122 FreshWaterやReefWhiteだと白くて明るすぎて弱い者イジメになるので、近似色のReefBlueをチョイスしました。

比較 Kessil A350 TUNA BLUE LeDio RS1212 ReefBlue
消費電力 90W (実測73-74W) 21W (実測21W)
ビーム角 リフレクター62°
(見た目80°程度)
レンズ60°
(見た目50°程度)
簡易照度 10,060 lx 37,370 lx
JIS照度(AA) 6,474 lx 12,920 lx
光合成光量子束密度
PPFD
169 umol/m2/s 735 umol/m2/s

Kessil A350とLeDio RS122のビーム

なるほど。。。
Kessilはリフレクターによる60°、LeDioはレンズによる60°。この差はでかい!?
LeDioもリフレクターにしたら似たような光量になるのかも?

・・・いやいや、待て待て。
3倍以上の消費電力の差はどう解釈するのよ?(苦笑)
ビーム角のトリックを解決しても、どう見てもLeDio×3台のが明るいじゃろ?

Kessil A350 TUNA BLUE:LEDチップ

もしかしてKessilに採用されているCree擬きLEDチップって、意外と暗いのかしら?

Kessil A350 チップ

まあ、見た目はどう見てもCreeだもんね。。。期待しちゃうのも人情です。。。
・・・確信犯?
まさかね・・・汗

そもそも、このLatticePowerと言うメーカーのLEDチップ(暫定)って、このKessilでしか見たこと無いんだけど、なんでこのチップを使ってるんだろう?
複数のチップを乗せたマルチチップ構造(この場合COB)は特に変わった技術では無いので、LEDメーカーならどこでもやってるし、SemiLEDsなりEpiledsなり、チップを差し替えるだけのはずだけど。。。

・・・いや待て。
ここでコストを下げたからこそ、販売価格を安くできたのか?
なんせ90Wで4万円弱だもんね。。。

だって、もしこれが本当に全部Creeだったとしたら、UV系は無いので除外するとして、White×11とBlue×11とRoyalBlue×14で、1素子あたり2W駆動で換算すると、ざっと少なく見積もっても、

White 180lm ×11 ≒ 2000lm
Blue 50lm ×11 ≒ 550lm
RoyalBlue 30×14 ≒ 400lm
合計 ≒ 3000lm

ビーム角80°、30cm距離なら、照度は約15000lx。50%も向上してしまう。。。
その代わり、Creeが42素子なら、素子代だけで15,000-20,000円はいくかな?
マルチチップ化することを考えると・・・やはり4万じゃ無理っぽいですね。。。
Creeなら価格も1.5倍かぁ。。。笑

安くて暗い、あるいは明るいけど高い。。。
選ぶのは我々次第です。。。

Kessil A350 TUNA BLUE:チャンネル

ちなみに、チャンネルはこのように分かれていました。

Kessil A350 チップ・チャンネル

Razorと違って、どっちのチャンネルにも420nmと400nmを入れてフルスペクトルを目指してる点はナイスです♪

Kessil A350 TUNA BLUE:スペクトル

そして、気になる気になるスペクトルっ♪
上から、公式スペクトル、ASEQ LR1で測定、UPRtek MK350で測定、の順です。

Kessil A350 公式スペクトルと実測スペクトル(ASEQ LR1)
Kessil A350 実測スペクトル(UPRtek MK350)

まず、公式スペクトルは図が間違ってます。ALLとCH1が逆のようです。
そして、400nmが公称より低い390nmなのはご愛敬。A150Wは385nmでしたし。
一方、420nmは435nm近くあります。。。A150Wでは430nmでしたが。。。
お陰様で、410nm前後に大きく深い溝が。。。
判りやすく拡大するとこんな感じ↓

Kessil A350 実測スペクトル詳細

さらに突っ込むと、本来ワイドバンドなブルーを目指すなら、青は450nm+475nmくらいがベストですが、このスペクトルではRoyalBlueとBlueが完全に1本に融合しているので、よほど近い波長なのでしょう。およそ460nmと470nmくらいかな?と予想します。

うーん。。。レシピはまずまずだけど、材料のチョイスが。。。
もしこれがこうだったら↓

  • 390nm → 400nm
  • 435nm → 420-425nm
  • 460nm → 450nm
  • 470nm → 475-480nm

UVから青にかけて欠落無く連続スペクトルになったのに。。。
そして、青のウェイトをもう少しUV系にも割り振ったら、フラットになったのに。。。
さらに、もっと大光量チップを採用してたら、90Wに相応しい出力になったのに。。。
うーん。。。

Kessilって、元々は植物育成ライトが本業なのかな?
公式スペクトル見る限り、植物向けの製品は秀逸だもんね♪
アクアに参入してどれくらい経つんかしら?

Kessil A350 TUNA BLUE:総評

そう言えば、特筆すべき良かった点がひとつありました。
それは、A150Wよりも圧倒的にファンが静かっ!!!
もしかして、僕のA150Wのファンが可笑しいのかなぁ?
決して大げさじゃなく、ビュゥゥゥゥーン!って感じでうるさいです。
それに比べたら、A350なんてまったく無音です。。。

総評:良い点

  • A150Wよりもファンが超静か♪
  • マルチチップによりマルチシャドーが出にくい(ゼロじゃない)
  • 2チャンネルの調光ができる(手動)
    (後継のA360はアクアコントローラー等で制御可能らしい)

総評:残念な点

  • 400nmが低く(390nm)、420nmが高い(430nm)ため、410nmが欠落
    (A150Wもその傾向があるので、Kessil全体の癖と思われる)
  • 90Wの光量にしては物足りない

と言う訳で、メイン照明には厳しいと思うので、補助で割り切ると良いかも?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪




コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説