結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20121月17

海外遠征:香港のeco-lamps本社へ

マリンアクアリウム エイジ 01:40
この記事を含むタグの全記事リスト: eco-lamps LED 出張 海外

前日のリーフLED講座も無事クリアし、本日は僕にとって初の海外、香港入りです。

1/9 - リーフLED講座(大阪) ←済み
1/10 - eco-lamps本社(香港) 挨拶 ←今日ココ
1/11 - eco-lamps工場(中国) 視察
1/12 - 〃
1/13 - 帰国(大阪)
1/14 - 帰宅

1/10 早朝
BHの和田氏と関空へ。初の海外。ドキドキ。
時間は余裕があったので、空港内で軽くコーヒーブレイク。

1/10 AM9:30 (日本時間)
大阪を離陸。

1/10 PM1:00 (現地時間)
墜落することなく、無事香港へ着陸♪
ふぅ~・・・。
そして入国検査?なるものを初体験。ドキドキ。
特に問題なくパス♪
ふぅ~・・・。

空港のロビーでは、eco-lampsチャールズ社長が出迎えてくれました。
ナイストゥミーチュー♪
なんかオーラと言うか貫禄が。。。さすがは大手照明メーカーの社長!
送迎用の車はトヨタ車でした。多分ベルファイア?とかいう奴。
そして、チャールズ氏直々の運転で、一路eco-lamps本社へ移動。

車中、通訳の和田氏(笑)を介し、色々と雑談。。。
すると聞いてびっくり!?
チャールズ氏、この貫禄で、なななんと!?
僕と同い年っ!!!
えぇぇぇっ???
ひぃぃぃっ!!!
逆に僕が同い年だと伝えると、チャールズ氏「ヤンガー!ヤンガー!」連発(笑)
そしてチャールズ氏、普段はポルシェだそうで。。。
泣くのは我慢しました。
チャールズ氏の写真は和田氏の去年の4/28の記事の一番下にあります。

金魚街

通菜街、通称「金魚街」 (写真はグーグル・ストリートビューより拝借)

途中、金魚街とか言うストリートへ寄り道。
イメージとしては、アキバの電気店街を全部アクアショップにしたような感じ?
すげえ。。。これ全部アクアショップか。。。これで商売成り立つのか。。。
さっそく和田氏は店員さんと英語で立ち話。
【店員】広東語→英語←日本語【和田氏】
こんな感じかな。
つくづく英語はセントラルだわぁ、と実感する。
で、何故かその店員さんも引き連れて、何軒か隣のアクアショップへ移動。
あとで聞いたら、その店員さんはそれらの店舗(YAT WONG AQUARIUM、OCEAN WORLD AQUARIUM)を展開しているオーナーのリチャード氏で、和田氏とは昨年の香港訪問からのお付き合いだとか。しかもeco-lamps KRシリーズの代理店でもあり、店内の照明は勿論すべてKRでした。おおお! ノーマルKRでもしっかり色揚げされてますっ♪ しかも発売当初から導入しているとかで、確かに古いものは塩だれで真っ白になってます(笑)。あちこち錆びながらも、それでも点灯してるって、ある意味頑丈ってことかぁ。。。
写真は撮ってないので、去年の春4/21の和田氏のブログをご参考に。

ここで、おやつの時間?
と言うことで、近くでヤムチャタイム♪
次から次へと料理が。。。プリプリ、ホクホク、サクサク。。。
どう考えてもおやつとは思えない量だけど、エイジとってもご満悦♪
ちなみに大変すみませんが、気の利かない僕は料理の写真も撮っておらず、料理名にも疎い貧乏育ちなので、想像力全開でお願いします(汗)

その後、いざ、eco-lamps本社へ。
香港の高いビル群がひしめくオフィス街の中、周りにはマックやケンタッキー、吉野家、見慣れたコンビニもあります。そんな街の一角のビルの中に、eco-lampsの本社はありました。本社と言っても、製造部門は中国にあるので、ここはビルのワンフロアにある事務所と言う感じです。今回はその中の応接室に案内され、早速打ち合わせを開始しました。

eco-lamps本社のあるビル周辺

eco-lamps本社のあるビル周辺 (写真はグーグル・ストリートビューより拝借)

とりあえず現時点で僕が思う問題点・改良案など、通訳の和田氏を挟んでチャールズ氏に提起しました。しかし、なかなか伝わらない部分も多い。身振り手振りも挟むが、やはり専門的なやりとりは、日常会話のようにはいかないですね。そして今後、僕も英語はなんとしてでも習得すべきである!と痛感した。痛感しちゃった!
なんとか全てのやりとりを終えると、一応一通り伝わったようで、チャールズ氏も快く全ての要望をのんでくれた。具体的な実現はこれからとして、まあ期待して欲しいと思います。

さあ、ここでディナータイム!
香港で有名なナイトマーケット(だっけ?)を3人でブラブラし、その後料理店へ。
そこへ、先ほどのリチャード氏と合流。一緒に来られたのはアルバート氏
ハジメマシテ・ヨロシク・オネガイシマス、と流暢な日本語を上手に話すアルバート氏は、中華・香港料理などのフードコーディネーターをされていて、以前、神戸の料理店を手がけた際に、システムに関してBHに協力を仰いだ時からのお付き合いとのことでした。しかも驚くなかれ! アルバート氏はアクア誌「Aqua-Zone」のオーナーでもあります。なんと言う面々。。。汗

今、このテーブルに着くのは、

  1. 世界的な大手照明メーカーの社長!
  2. 香港でアクアショップを複数手がけるオーナー!
  3. フードコーディネーター兼アクア誌のオーナー!
  4. 日本を代表するアクアショップの社長!
  5. 地方のしがない引きこもり。。。

なんじゃこらぁぁぁっ!!!

あまり考えないようにしつつ、香港の本格的な料理をご堪能♪
面倒見の良いアルバート氏が食べ方を細かく親切に手ほどきしてくれます。
なんと!エビの皮が2アクションで綺麗にツルンと剥けるんです!!!
さすが、フードコーディネーターは、こーでねーと!!!
うーん。。。また料理の写真撮るの忘れた。。。
やっぱ僕にツイッターは無理だな。。。フォロワー100超えたらまた考えよう♪

ちなみに、アルバート氏によれば、香港のアクアマーケットは魚8割・サンゴ2割、そのうちミドリイシをするのはほんの一握りのアクアリストなので、全体的に見ればサンゴに特化した強化照明のシェアはかなり低いそうです。だから香港ではフルスペは売れないとのこと。ま、これは海外全体的に言えそうですが。。。逆に言えば、しばらくは模倣品に悩む心配も無いってことかな(苦笑)

こうして、凄ぇ内容の濃い一日を終え、本日のホテル「アイランド・パシフィック・ホテル」へチェックイン。ここは香港でもかなり高級なホテルのようです。至るところに従業員が。。。客より多いんちゃうか?笑

ところで、どこをどう回ったのか位置関係がさっぱりなので、グーグルマップで確認してみた。
まずは日本と香港の位置関係。

日本と香港の位置関係

中間には沖縄が、沖縄との中間には台湾があります。って知ってるか(汗)
なので、この時期でも全然暖かいですね~♪

香港をズームして周辺地図を。

香港周辺地図

北には深セン市、西には珠海市、マカオがあります。

もっとズームして今回のルートも。

香港でのルート

おおお。こんなルートだったのか。。。
現地では北も南もまったく把握してませんでした(汗)

この日は、栗がなんとかご飯食べた♪と、ペットホテルからメールあり。
但し、相変わらずフーフー怒ってるから近づけないとのこと。。。汗
うーん。。。

つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. TAKA 2012/01/18 01:56

    初海外、お疲れ様でした。言葉が通じないストレスは尋常じゃないですよね。2年前に台湾に行った時に、久しぶりにその感触を味わいました。英語を話すのは難しいと考えがちですが、勢いと勇気があれば通じます。日本人は完璧に喋ろうとし過ぎですので、上達が遅いように感じます。中国系の人やラテンアメリカの人などは、英語じゃない英語を喋ったりしますが、意外と通じています。笑
    3ヶ月ぐらいアメリカの田舎に1人でいけば、すぐに喋れるようになりますよ~ 円高の今がチャンスです!

  2. 2. エイジ 2012/01/18 23:08

    アイ・シンク・ソー・トゥー!
    とりあえず片町で金髪の友人を見つけてきます♪

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説