結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201212月27

新Grassy LeDio RS073大解剖!

マリンアクアリウム エイジ 08:45
この記事を含むタグの全記事リスト: LeDio RS073 LEDスポット volxjapan

これまた遅くなりましたが、7月発売のGrassy LeDio RS122に続きまして、今回は12/16にリリースされたGrassy LeDio RS073のエイちゃんチェックをお送りします。
尚、RS073の仕様については、概ねGrassy LeDio RS122に準じますので、今回はザックリの紹介にとどめたいと思います。詳しくは、こちらもご覧ください。

Grassy LeDio RS073

Grassy LeDio RS073は、旧LeDio 21eの後継にあたります。
LED構成は3W駆動×7素子で、もちろんRS122同様、PSE対応です。

Grassy LeDio RS073 外観

ヒートシンクはRS122と同じもので、旧21eの680gから550gに軽量化されました。

レンズはいつものように拡散プリズム60°です。
但し、LED基板の大型化により、旧21eより少し大きくなってます。

Grassy LeDio RS073 レンズ

ラインナップは、ReefWhite/ReefBlue/ReefPurpleの3カラー。

Grassy LeDio RS073 LED配列/ビーム

注意したいのは、RS122と比べるとRS073は全体的に白味が強い点です。
と思いきや、ボルクスから公開されたLeDio色味早見表を見る限り、むしろRS073は旧来通りの色味に近く、実はRS122の青味が強かったのだと言う事が読み取れます。これから購入を予定されている方は、色味を事前によく検討されると良いでしょう。

そしてLED素子には、RS122同様、Philips Lumileds Luxeon Rebelが採用され、これにより全カラーにシアン500nmが採用されました。

Grassy LeDio RS073 LED基板

白系LEDに、更に効率の良いRebel ESを採用している点も、RS122同様でした。

もちろん、スペクトル測定も忘れませんよ。

Grassy LeDio RS073 実測スペクトル

やはり公称通り、廉価版LeDioとは言え、美味しいスペクトルに妥協はありませんね。
シアン様々です♪
ちなみに、ReefPurpleが採用しているDeepRed 660nmにも注目です。栽培向け?

最後に、気になるLEDドライブに迫ります。
RS073の駆動電流は果たして?

LED駆動 電流 電圧 駆動 製品消費電力
ReefBlue 663mA 21.1V 13.99W 17W
ReefWhite 660mA 20.6V 13.60W 16W
ReefPurple 664mA 19.7V 13.08W 16W

おおお!
やっぱりRebel効果は大きいですね!
駆動電流は約660mAの安全駆動とし、回路電圧も3W駆動とは思えない低さで、トータル13-14WのLED駆動と言う省エネを実現していました。旧LeDio 21eと比較しても、2-3Wも省エネになってますよ!
3W×7なら本来21W必要なところを、僅か14Wで済んじゃうなんてっ!?
元々14Wの製品はどうしたら良いんだ!苦笑

でも、その分暗くなってたら意味が無いですよね(汗)
そこで、旧LeDio 21eとの省エネ&照度比較をしてみましょう。

旧LeDio 21e 新LeDio RS073
カラー 駆動 照度@30cm カラー 駆動 照度@30cm
Deep Blue 15.8 W 23,110 lx - - -
Coral Blue 15.5 W 24,240 lx ReefBlue 14.0 W 24,970 lx
Aqua Blue 15.3 W 24,470 lx - - -
Pearl White 15.5 W 22,500 lx ReefWhite 13.6 W 25,600 lx
Blue Violet 14.5 W 23,880 lx ReefPurple 13.1 W 22,520 lx

照度は概ね旧来通りか、むしろ明るくなって、それでいて明らかな省エネを実現!
旧LeDio 21eだって天下のCree XPシリーズを採用して高効率を謳ってたのに、それすらもう過去の話なんですね。。。LEDの進化は早いなぁ。。。

と言う訳で、LeDio RS073は、光量を確保しつつ更なる省エネを実現し、またシアン500nmも入って益々スペクトル性が向上しました。
LEDスポットもまだまだ伸びしろがありますね♪

あ、後ほどRS073も応援市場にてキャンペーンセールを行います!
しばらくお待ちください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説