結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



200811月09

ハワイからヤドカリ

潮だまり観察員 エイジ 21:21
この記事を含むタグの全記事リスト: ヤドカリ情報

先日、ブルーハーバーの和田さんから「ハワイ便ヤドカリ各種入荷」との連絡を受け、本日ひととおりの種をお送りいただいた。

パッキング

本日11/9(日)の午前中に無事到着。
大きな段ボールの中には、完璧な梱包で6種を全て個別でパッキング。
水温は20度ちょい。新聞紙による防寒以外に、2つのホッカイロまで同梱されていた。
こゆところにもショップの“愛”を感じますね。
和田さん、ありがとございました!

さて、中身を紹介・・・。

まず、実物は僕も今回が初めてのハワイ産サンゴヤドカリの一種から。
あまり流通では見かけない Calcinus laurentae Haig & McLaughlin, 1984 です。
見た目はシンプル、且つ鮮やかなレッド。C. hakahau Poupin & Mclaughlin, 1998 にも似た種です。
今のところ、僕の知る限り国内からの報告は無いと思います。

Calcinus laurentae Haig & McLaughlin, 1984

続いて、こちらも実物は初めての、Calcinus hazletti Haig & McLaughlin, 1984 です。
ちょっと地味系なサンゴヤドカリと思われがちですが、よく見るとなかなかシックで濃いバイオレットに染まった種です。
また、この種は伊豆大島の有馬さんからも報告があり、国内でも限定された海域で生息しているようです。

Calcinus hazletti Haig & McLaughlin, 1984

次も初めての実物、ヘイグサンゴヤドカリ/Calcinus haigae Wooster, 1984 です。
この種も国内では小笠原諸島からの報告があるそうですが、これまでにフィールドで観察したと言う例は、まだ僕は知りません。全国のダイビングショップさん、期待してます(笑)
本種は歩脚の色彩、指節の模様が特徴的です。

Calcinus haigae Wooster, 1984

以上、僕の初物サンゴヤドカリたちでした。

続きまして、皆さんもよくご存じの“怪しい”ユビワサンゴヤドカリ/Calcinus cf. elegans (H. Milne Edwards, 1836) です。
暇がある方は、画像ソフトでネガ反転してみてください。面白いことに気づくはずです(笑)
それにしてもこの種は一体いつになったら話が進むのでしょう。。。汗

Calcinus cf. elegans (H. Milne Edwards, 1836)

次はグアムサンゴヤドカリ/Calcinus guamensis Wooster, 1984 ですが、実は今ちょっと僕も首を傾げていまして、とりあえず Calcinus cf. guamensis としておきます。
皆さんには、不可解な点が見えますか?

Calcinus cf. guamensis Wooster, 1984

最後に、これもまた変わった“オイランヤドカリ”ですが、実は別種の Dardanus sanguinocarpus Degener, 1925 と言うヤドカリ属の一種です。
皆さんにはオイランヤドカリとの違いが見えますか?
僕には今んとこ見えません(汗)

Dardanus sanguinocarpus Degener, 1925

以上、6種のヤドカリがハワイから遙々やってきました。
これでやっと干満水槽がにぎやかになりましたよ♪

引き続き、のちほど上記のいくつかの種について、国内の既知種との比較をここで紹介したいと思います。

尚、今回紹介したサンゴヤドカリたちは、Crustacés polynésiens - Polynesian Crustacea にも情報があります。ご参考まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. マリエ 2008/11/09 23:58

    ほよぉ~
    すっごくキレイなヤドカリたちですねえ~
    ヘイグサンゴヤドカリの足が・・・いちごチョコに見えます。(*ノωノ)

  2. 2. Devil 2008/11/10 00:43

    エイジさん、こんばんは!
    ハワイヤドカリお気に召されましたか! 
    Deep Water Hermit clabを送るからと聞いた時は正直何が届くのかはひやひやでした。 今回のDeepDivingの膨大な減圧時間中に見つけてくれたと思いますが
    手に入れたかった種類というか、問い合わせの多かった種が全て手に入ったというのは、ある意味イエローアンティアスよりも貴重だと思う人も多いでしょう。

    12月6日のMarin Aquarium Confference of Yotsubashi MACYでの講演楽しみにしています。 昨日のTetsuoさんの講演もとても素晴らしいものでした。
    Tetsuoさんが別人? かと思ったのはわたしだけでしょうか?

  3. 3. エイジ 2008/11/10 07:07

    マリエさん、
    確かにC. haigaeは美味しそうな甘そうな色ですよね。
    マリエさんもヤドカリはまってくださいね♪

    和田さん、
    濃いです。とても濃いです。ローレンも感動ですが、ハヅレットも意外と味わい深い色彩ですね。グアムもなんか怪しいですし、今後の調査が必要です。本当に感謝です!
    また新たなサンゴヤドカリが出てくるのを期待してます♪
    Tetsuoさんは無事お努めを終えられましたか。おめでとうございます。
    うひゃぁ~緊張してきた。何を喋ったら良いんだろう。。。ネタを探しておきます。

  4. 4. マリエ 2008/11/10 22:56

    ちょっときてるかもですね~(^ω^;
    ヤドカリってなんかキレイだしおもしろいしキモカワイイし・・・
    やばいですね;笑

  5. 5. エイジ 2008/11/11 07:42

    それは良い兆候です。
    海に行って何気なくヤドカリを探してしまうようなら、もう立派なヤドカリストです。
    近くに海があるなら、何種類見つけられるか挑戦してみてください。

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説