結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20098月22

ガラス面のワラニョロ

マリンアクアリウム エイジ 07:23
この記事を含むタグの全記事リスト: ワラワラ

今日はワラワラの中でもニョロニョロ特集です。略してワラニョロ(笑)
ま、さっきたまたまガラス面で数種見つけて、即席でデジカメ撮影したものですけど(汗)
ちなみにガラス面のピントってなかなか合わないので、画質はご愛敬♪

多毛類 0.5mm~1mm

多毛類 1mm~1.5mm

大きいのと小さいのがランデブーしていました。
まるでアリの行列のように、小さい方が先頭に続いて上手にトレースしてました。
きっと何か分泌物が出ているのでしょうね。
その他、コペポーダも数種類写ってるのが判ります。

扁形動物? 0.5mm

扁形動物? 0.5mm

顕微鏡ならバッチリ綺麗に見えそうな手頃サイズです。
ニョロニョロとガラス面を這っていきます。

扁形動物? 1mm

扁形動物? 1mm

今まで見たことのない形の子です。
ヒラムシの1mm版と言う感じ。
さっきはガラス面に2匹見つかりました。
この子もニョロニョロと這っていきます。
写真では上が頭(丸い方)のようです。
今になってこんなのが湧いてくるなんて、ワラワラは楽しいですね♪

そう言えば、またいつか見てみたいと思っているワラニョロに、なかなか逢えません。
その名もPoo(プー)。 ま、僕が勝手に命名しました(汗)
ちなみにうんちの意味ではありません(曝)
詳しくは ワラワランド水槽の微生物 のページにて紹介しています。
「1.水槽で確認できるワラワラたち」の「顎口動物」(リストの最後)を参照のこと。
今は消しちゃってますが、以前は動画も載せていました。
そのうちまた整理してアップしようと思います。

当時はデトリタス数ccあたり数匹程度見つけましたが、ここ最近は見つけてません。
また、結構嫌気的な環境を好むようなので、ガラス面などでは見つかりません。
積もり積もったデトリタスの最深部とか、砂の中等から見つかっています。
と言うかこの子はプ~ンと泳ぎ回るので、検鏡撮影は困難を極めます(汗)
でも、すごく萌えること請け合い♪
顕微鏡をお持ちの方は、是非見つけてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説