結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



20108月25

あぁ、ツイッターなのか、、、

サイト運営日誌 エイジ 00:10

まりんちゅシティの各マイページのごちゃごちゃしてたのを少しだけ整頓してみました(汗)
また、当サイトのトップページにあるまりんちゅシティの抜粋枠も、昨日少しだけ改修済み。
で、これがね、良いのかね? 悪いのかね?
・・・さあ?(汗)

それは置いといて、ひとつの疑惑を晴らしましょう。

ツイッターダウン時の画像

これは、ツイッターがサーバーダウンした時に表示される画面です。
いつだったか、以前遭遇した時に保存してありました。

で、当時これを見て驚いたのは、あり? くじらが空飛んでますやん。。。

くじらが空飛ぶと言えば、まりんちゅシティのストーリーの核なのですが、ちょっと待ってくださいませよ~っ!

別にこれを真似した訳じゃありませんからっ!!!

ま、別に誰に指摘された訳でも無いんですが、もしそう思われていたらやだなぁ~と思いまして、ペンを振り上げました(汗)

そもそもまりんちゅシティは、現サーバーに移転した際に新設したコンテンツです。サーバー移転が2008年4月なので、その少しあとです。とは言え、構想を練ったのは更に以前に遡ります。そう、当時の掲示板で運用していた水槽スペック機能の拡張コンテンツなのですから。

ちなみにツイッターの日本語版が登場したのは2008年4月末のことですから、時期的にちょうど被っていると言えば被ってます。
でも、当時はサーバーがダウンするほどのツイッターユーザーは居てないと思うので、この画面にもそうそう遭遇していないはずですよね。
ま、それ以前に、このサーバーダウン画面がいつから採用されたものかも不明ですので、どう考えても僕の方が先だったと思いたいもんねっ♪

くじらが飛ぶのはまりんちゅが先だぁぁぁっ!

必死で可愛いアラフォーを信じてください。

さて、更に驚くべき事態が。。。

実は今年の正月明けくらいに、まりんちゅにマイフィール機能を実装する際の参考にするために、ツイッターのアカウントを仮に取得してありました。もちろん、使う気も無かったし、使い方も判らなかったので、その存在は今の今まで完全に封印されておりました。
また、「仮」と言うのは、本来取りたかったアカウント名が何故か既に誰かに取得されていたので、それで渋々取った不本意なアカウント名だったのです。
誰だろう。。。僕しか取りそうもないアカウント名を取っちゃうなんて。。。困るなぁ。。。しかも使ってないみたいだし。もしかして嫌がらせかなぁ。。。
ん。それって有名税?(曝)

ま、それは置いといて、先日、そんな仮アカウントを久しぶりに覗いてみると。。。

あり?
・・・なんでフォロワーがゾロゾロと?
えええぇぇぇっ!?

確かにそれっぽい名前で取得はしたけど、他にも紛らわしい名前のアカウントもあるのに、そっちには全く付かずに、何故か上手い具合に僕の方に皆さん着いてくれてます。。。
しかも知った方ばかりなので、これはどう見ても確信犯だぜっ(笑)
まぁ、最初に見つけた人が凄いよね。。。あとは惰性でしょうけど(笑)

で、申し訳ないので、先ほどアイコンだけセットしておきました(曝)
だって使い方が。。。
と言うか暇が。。。
いえ、実は何を書けば良いのか。。。

起きたなう!
サイト更新なう!
寝るなう!

こんな感じで良いのかなぁ。。。
日常ネタが良いのかなぁ。。。
水槽ネタが良いのかなぁ。。。
みんな外出先から携帯で?

うーん。。。知恵熱が。。。
また封印しそう(汗)

でも、なるべく前向きに検討したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

  1. 1. takuro 2010/08/25 08:51

    おはようございます。
    先ほどフォローさせていただきました。

  2. 2. ゆーいち 2010/08/25 10:01

    実はあやのさん経由でちょっと前に気付いた。・゚・(ノ∀`)・゚・。
    でもその時はまだフォロワーさん少なかったから
    あえてフォローしませんでしたw
    作ってあったのはエイジさんから聞いてたんですが
    誰にも言ってなかったようなのでw
    で、今回みんなしてるんで
    僕もフォローしておきましたw
    取り合えず、エイジさんからもみんなをフォローしてもらい
    毎日つぶやいてください(爆

  3. 3. エイジ 2010/08/25 18:51

    どもです。
    フォローありがとございます。

    とりあえず無責任はイヤなので、決意が固まるまでお待ちください(汗)
    書くからには、世知辛い日本の未来に光(以下略)

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説