結果 Oh! Life

懲りずに書いてみたりする結果オーライな日記



201011月25

住宅設備照明で太陽光LED

マリンアクアリウム エイジ 01:03
この記事を含むタグの全記事リスト: LED

先日、白色LEDの研究成果をご報告しましたが、調査で使用した各社ダウンライトは、それ以来その役を終え静かに眠っています。。。
これ、どなたか買い取ってくれませんか?
散財しすぎて年が越せないもんで(曝)

調査では箱を開封し、器具を分解し、素子を確認し、それをまた組み立てて、元通り箱詰めし、それで任務完了となったものです。
それだけご了承ください。
もちろん新品ですし、ちゃんと点灯します。

また、いずれも電源内蔵なので、VFケーブル差すだけですぐに点灯できます♪
あるいは適当なACコードの導線側をロウ付け(半田)して硬化させ、それを器具の電線端子に差し込めば、コンセントでも使えます。(自己責任でお願いします)

売りたいのは以下の4商品です。
すべて日亜の高演色白色LEDを採用したものです。

各種ダウンライト販売リスト

製品自体の外観は検索してみてください。
いずれも普通に天井埋め込みタイプのダウンライトです。

ちなみにどんなスペクトルのLEDなのかと言うと、

日亜高演色LEDスペクトル

新旧2タイプありますが、性能はほぼ同じものです。
一般の青チップ+YAG蛍光体ではなく、青チップ+緑赤蛍光体と言う奴です。
前者ほどの効率はありませんが、1Wで60lm弱程度は稼いでるようです。

肝心の波長は、シアンも赤も相対値約4割キープ、その代わり青480nmあたりは3割弱です。なので、一般のブルーLEDを補色すればかなりの太陽光になりますよ!
ましてや一般の白LEDに比べたら神のようなスペクトルです♪
前回の研究成果報告で言うところのFのスペックのものです。

この素子は上記製品以外にも高演色ダウンライトにはよく採用されているようです。
アクアメーカーさんも、そろそろ本格派スペクトル向けにどうですか?

ちなみに現時点でこの素子を販売している通販は見当たらないので、素子を入手するには上記製品を購入するのがもっとも現実的かしら。
さすがに個人で日亜から直で仕入れるのは・・・ちょい無理か(笑)

では、上記製品のデータです。

メーカー 大光電機 オーデリック 東芝 NEC
型番 DDL-3426WW OD261474 LEDD44002MW-LS1 MRD14002W/WH-1
消費電力 5W 9.2W 4.5W 3.8W
電源 内蔵 AC100V 内蔵 AC100V 内蔵 AC100V 内蔵 AC100V
相当 40Wタイプ 80Wクラスかな? 40Wタイプ 40Wタイプ
埋込穴 φ75 φ100 φ75 φ75
採用素子 日亜 高演色 183 日亜 高演色 083
素子数 4 8 4 3
定価 10,290円 19,740円 13,440円 22,890円
購入価格 4,095円 8,192円 7,930円 12,495円
1023価格 3,000 6,000 6,000 9,000

今回の調査で判りましたが、大光電機さんなら、唯一最新の183を採用し、それでいて製品は業界最安でした!
しかし他のメーカーは旧083を採用している場合が多く、しかも高い。。。特にNECなんてたった3素子で定価2万オーバー。。。大光電機なら最新4素子で定価1万なのに。。。

日亜の高演色LED素子を試してみたい方、小型水槽やリフジウム向けミニ太陽として、あるいはたまたまダウンライトが欲しかった方、ご興味があればメールくださいな→ info@1023world.net

先に銀行振り込みしてもらい、その後着払いで発送、という感じでお願いします。

そしてなんと! もし上記4製品まとめて全部買い取っていただけるなら、合計24,000円のところ、特別に2万円でお譲りしますっ!!!

あ、念のためダウンライトとして使う場合は、取り付けに電気工事士の資格が必要です。ま、石川県内なら僕が取り付けに行っても良いですけど(笑)

では、よろしくお願いいたします~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのエントリーもどうぞ♪


コメントとトラックバック

コメント及びトラックバックはありません

コメントフォーム



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説