BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題




1.[>][x] プロフィールゴールデンバタフライ猫パパ 炭酸カリウムの添加について 2010/10/11 14:22

アマモの生育に良いだろうと、淡水水草用に作った炭酸カリウム10%溶液を添加したのですが、添加すると白い沈殿物が発生しました。
ビックリして添加は止めたのですが、この沈殿物の正体と、炭酸カリウムのメリット、デメリットなどをご存じの方がいらっしゃったら、教えて頂けないでしょうか?

いいね!1


2.[>][x] シュウ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/13 00:39

はじめまして!
私も水草水槽で炭酸カリウムを使ったことがあります
その沈殿はおそらく炭酸イオンとカルシウムやマグネシウムイオンが結合して
CaCO3、MgCO3となり析出したのだと思います
淡水ですとこの現象はGHを下げ軟水化しますのでメリットがあるのですが
海水でのカルシウム、マグネシウム低下は問題があるので炭酸カリウムは使わない方がいいと思います
淡水にはほとんど含まれないカリウムですが海水中では約400ppmほどありますのて海水でのカリウム添加は必要ないと思っていた…
のですが!
最近にわかにカリウムが話題になりはじめたようです
しかしこれは水槽内のバクテリアなどを強制的に増殖させるシステムでのことですから、一般的には添加はやはり必要ないと考えます
もしカリウム添加するならヨウ化カリウムをごく微量添加するのをおすすめします

いいね!1

3.[>][x] プロフィールよっちゃんいか Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/13 07:59

シュウさま

人工海水の銘柄にもよるかもしれませんが、カリウムの数値はかなり低いレベルではないかなと。。
カルシウム、KH、マグネシウムと同様に必須だと思い、あたいは添加しております。

効果は??  さぁ。。 どうだろう。。。

いいね!0

4.[>][x] スミレヤッコシロチェ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/13 20:19

アキュリではADAのカリウムをサンゴ水槽に添加するように勧めていましたけどね。

いいね!0

5.[>][x] プロフィール管理者エイジ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/14 00:05

硫酸カリウムではダメでしょうか?
http://www.1023world.net/aqua/add-Potassium.html

必要性については、試薬で濃度を測定した上で決めれば良いかと思います。
試薬の精度が問題ですけど。。。

僕の場合は、今のところ目立った消耗は見られないため常用はしてませんが、人工海水精製時のレベルがやや低いため、あくまで初期の調整用として試しに添加しています。

いいね!0

6.[>][x] シュウ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/14 00:30

よっちゃんいかさん
確かに水槽内のカリウム濃度は下がっている可能性があります
でもカリウム濃度を測ったことがないのでわかりません(^^ゞ
ここからは個人的な意見ですので決して押し付けではありませんのて私の考えを聞いてくださいね
添加剤を否定する訳ではありませんが、自分なりに使うには条件があると考えています
それはどれだけ足りないかを正確に把握できることです
添加剤の過剰は足りないより弊害が大きいと感じるからです
ですから自分で測れる物質に関しては添加しますが、それ以外は換水で対応した方が良いと考えています
カリウムがマリンアクアで言われるようになったのはZEOvitが日本に入り始めたここ2〜3年のことですよね?
それまでは誰もカリウムのことなど考えずに飼育してきました
ZEOvitで使うゼオライトはカリウムを吸着するって話も聞いたことがあります
最近カリウム試薬が日本でも買えるようになりましたので、是非測ってみたいんですが…試薬が高いんですよ(笑)

シロチェさん
はじめまして!
質問した方はアマモのためにカリウム添加をしたいと仰ってます
淡水水草水槽でのカリウム添加は普通しますので気持ちはわかるのですが…
アマモは汽水域でも成長、増殖する植物ですのでカリウム濃度にシビアだとは思えません

いいね!0

7.[>][x] シュウ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/14 01:17

エイジさんこんばんは!
好き勝手なこと言っててすみません
このことについてはエイジさんの方が詳しいでしょう(汗)
ごく微量って前提でヨウ化カリウムを例に出しましたが、ある程度の量を入れるならヨウ素は当然のことながら絶対にダメです!
カリウムについてはここにも来るTAKAさんが詳しくブログで紹介してくれてます
だいぶ前の記事で確か塩化カリウムと硫酸カリウムを7:1の比率で加えるのが良いと仰ってた記憶があります
実践はしてませんが興味深く読ませていただきました

いいね!0

8.[>][x] プロフィールゴールデンバタフライ猫パパ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/14 20:08

>シュウさん
はじめまして。
なるほど。白い沈殿物は、炭酸カルシウムや炭酸マグネシウムなんですね。
自分で測定出来る環境じゃないと、むやみに添加するのも危険なのも理解しました。
淡水で水草やっている人でも測定したい人は居るでしょうから、いろんなメーカーから試薬が手軽に入手出来ればいいですよね。

>よっちゃんいかさん
海水でも必要元素だと思うのですが、なかなか難しいですね。

>シロチェさん
アキュリさんでは、サンゴ水槽に炭酸カリウムですか。
以前はリフジウムもされていたみたいなので、海草の光合成にも使われていたのでしょうか?
いろいろ、勉強になります。

>エイジさん
実は硫酸カリウムの記事を読ませて頂いて、手持ちの炭酸カリウムではダメなのかな?と思ったのが、今回の質問のきっかけなんです (^^;
私が住んでいる市は一応県庁所在地なんですけど、近くにホームセンターが無くて(涙)
手持ちの炭酸カリウムではダメなのかなと思った次第なんです。
手に入れば、硫酸カリウムが良さそうですね。

みなさん有り難う御座います m(__)m

いいね!0

9.[>][x] プロフィールカニハゼjohnny Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/25 18:24

僕もカリウムの添加考えてるんですが、
硫酸カリウムの純度が高いものって日本でも一般に入手可能なものなんでしょうか?

TakaさんのブログによるとUSでは純度99%の硫酸カリウムも塩化カリウムもあるみたいですが、
日本では硫酸カリウム検索すると、肥料しか出てこないんですよね。
で、純度は90%とか92%とか。 
ちょっと残りの8〜10%の中身が気になってミドリイシ水槽に入れるのは二の足を踏んでます。

RO水に適度なバランスで
硫酸カリウム+ヨウ化カリウム+硫酸マグネシウムを入れたもので足し水すれば、
いい感じで(しかも安く)微量元素を補えるのではと思ってまして。
(カルシウムとストロンチウムはリアクターという理解です)

で、硫酸マグネシウムやヨウ化カリウムは純度99%のものが売ってるみたいなのですが、
硫酸カリウムがどうも肥料しかヒットしないんですよね。
どなたか見たことある方、もしくは薬局でゲットされたことのある方いらっしゃいますでしょうか?

いいね!0

10.[>][x] g11419007 Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/25 18:47

http://item.rakuten.co.jp/marutomi-kyouzai/c/0000000129/

いいね!0

11.[>][x] プロフィールカニハゼjohnny Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/25 19:56

g11419007さん
ありがとうございます。
このサイトも見てはいるんですが、硫酸カリウムが無いんですよね〜。

しかも学校の実験用だからかヨウ化カリウムも内容量25g。。。。涙)

いいね!0

12.[>][x] プロフィール管理者エイジ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/25 23:52

シュウさん、

> 塩化カリウムと硫酸カリウムを7:1の比率で加えるのが良いと

個人ブレンドに於いて、塩化カリウムを敢えて入れる必要は無いと思います。
(製品としては保存?安定?に役立つのかも知れませんが。何のためだっけ?)
その製法って、多分何かの製品の成分を単に真似ただけとかじゃないですかね?
自分で必要量を作るなら、100%硫酸加里で良いと思います。

johnnyさん、

今のところ、肥料の硫酸加里を入れて硝酸やリンが上がったと言う挙動は出て無いので、純度については僕はあまり意識してないです。万一、試薬で測定してない何かの増加があるとしても、適度に換水すれば良いかな、と考えてます。数%の純度差なら。数十%だと困るけど。
第一、1Kgで300円は魅力的です♪
余ってるの送ろうと思ったけど、送料の方が高付きますね(曝)
そう言えば粉の中にたまに黒い粒が混ざってるけど、これなんだろ(汗)

いいね!0

13.[>][x] プロフィールTAKA Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/26 02:33

硫酸カリウムと塩化カリウムの比を1:7にしているのは、天然海水の(SO4)2-とCl-の質量比が約1:7だからです。私のブログの計算方法は少しエラーがあります。ある方から指摘はいただいているのですが、時間がなくて修正していません。

カリウムを添加するなら測定することをお勧めします。家は自作の添加剤でカリウムを添加していますが、いつの間にやら600ppmを超えています。。。カリウム濃度は市販のホビー試薬が使いにくそうなので、外部の水質検査機関にお願いしています。
この600ppmの水槽はBioPelletsで回していますが、カリウムの特別な消費は見られないです。少し添加を抑えないといけないですね。。。因みにカリウム濃度が高すぎると、サンゴの先が焼けると読みました。ZEOvitを販売しているKZ社からは、普通のK添加剤と濃度が濃いK添加剤の2つがあります。後者の方は、規定量を添加したらK濃度を随時測るように書かれていたと思います。それほどシビアなようです。。。

いいね!0

14.[>][x] プロフィール管理者エイジ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/26 04:41

> 硫酸カリウムと塩化カリウムの比を1:7にしているのは、天然海水の(SO4)2-とCl-の質量比が約1:7だから

海水の成分(ナトリウム、マグネシウム、カルシウム...)をすべて同等に補填すると言うのなら判るのですが、硫酸カリウムにしろ塩化カリウムにしろ、カリウムの添加はそれらの2液混合である必要性があると言う事なのでしょうか?
それとも単に同時に増加するイオンの種類は多い方が良いとか?

むしろ、硫酸イオンはサンゴや海藻に吸収されたり気化したり(硫酸還元も)変動しますが、塩は換水しない限り残留していきますよね?
だからこそ塩化カリウムや炭酸カリウムではなく、硫酸カリウムを使うことに意義があるのだと思ってたのですが、そこへ敢えて塩化物もお供させる理由が判りません。

それに「硫酸イオンと塩化物イオンの比率が...」と言って入れる時の整合性はそれで満たされても、入れた後のイオンバランスが逆に大きく崩れるなら、何のための混合なのでしょう?

それとも何か化学のセオリーがあるのかな?
(化学に疎いのでそこが判らない)

TAKAさん、詳しい方、解説よろしくお願いします。

いいね!0

15.[>][x] プロフィールTAKA Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/26 06:27

化学的なことはよく分かりません。海がそうなんだから1:7がより自然に近くていいんじゃん?って程度の理解です(涙)。比率は分かりませんが、B社のものも硫酸カリウムと塩化カリウムが含まれているようですし。もしかして、塩化カリウムに特別な意味があるのかもしれませんね。
記憶があいまいですが、硫酸カリウム単独添加は聞いたことがない?のに対し、塩化カリウムの単独添加はよく聞く感じがします。(間違ってたらすいません。)

>むしろ、硫酸イオンはサンゴや海藻に吸収されたり気化したり(硫酸還元も)変動しますが、塩は換水しない限り
>残留していきますよね?
この場合、Cl-の蓄積でしょうか?一週間に一度10%程度水換えしていればCl-の蓄積も問題にならないかと思います。

マグネシウムの添加剤の話ですが、こちらも硫酸マグネシウムと塩化マグネシウムの混合液になります。こちらは硫酸マグネシウムを入れないと、長期間水換えなしだと硫酸イオン値が非常に下がってしまいイオンバランスが崩れるからだそうです。ここでも硫酸マグネシウムだけを添加するという記載は見たことがないです。
何か意味があるのでしょうかねえ。

いいね!0

16.[>][x] プロフィールカニハゼjohnny Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/26 09:15

エイジさん、

ありがとうございます。
硝酸もリンも出てないですか。
肥料だとその辺りが心配でしたが、大量に入れるわけでもないし大丈夫かな。

> 第一、1Kgで300円は魅力的です♪
そう、そうなんですよ。ポタジウムだのヨウ素だの、なんか高いんですよね〜。
硫酸カリウム、ヨウ化カリウム、硫酸マグネシウム1kgずつゲットすれば
一生添加剤買わなくてもいいんじゃないかと思ってまして!

Takaさん、

ご指摘の通りカリウム試薬で測ってからと考えています。
BioPellet、おかげさまで餌バンバンでもPO4も0.03まで下がりました。(あと一息!)
なので、カリウム減ってんじゃないかと疑ってたんですが、
PAOの消費分だけではごくわずかなんでしょうか。

どこかで、P3に対して、MgとKが1ずつ消費されるという話があったと思いますが、
PO4は0.03ppm、KとMgは400ppmと1300ppmとすると、
PAOによるKとMgの消費はほとんど総量に影響を与えない、と考えるべきですかね?
ん? 分子の質量とかも関係あり???

化学、もう少し勉強しておけばよかった。。。。。

いいね!0

17.[>][x] プロフィールTAKA Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/26 11:01

johnnyさん、
>どこかで、P3に対して、MgとKが1ずつ消費されるという話があったと思いますが、
>PO4は0.03ppm、KとMgは400ppmと1300ppmとすると、
>PAOによるKとMgの消費はほとんど総量に影響を与えない、と考えるべきですかね?
そのことが議論されたときにコメントされた方もそう書かれていました。
最新のCoral誌にはバクテリオプランクトンシステムについて書かれているのですが、その中にはゼオライトを使用するシステムではカリウム濃度に注意しろと書かれています。対して、BioPelletsなどの生分解性プラスチックを使用したシステムにはその記述がありませんでした。
PAOによるカリウム消費よりゼオライトのイオン交換によるカリウム濃度低下の方が疑わしいかもしれません。
ゼオライトのイオン交換は以下の順に優先的に吸着されるようです。見てわかりますようにK+はNH4+の次に吸着されます。
Cs+ > NH4+ > Pb2+ > K+ > Na+ > Ca2+ > Mg2+ > Ba2+ > Cu2+ > Zn2+

しかし、0.03ppmならもう十分ですね。うちの魚水槽は燐酸が下げ止まり、硝酸塩が結構さがりました。なんか調整難しいですねえ。。。。

いいね!0

18.[>][x] けんヂ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/27 02:53

どうなんでしょう?
私は個人的には炭酸塩、硝酸塩が一番無難かなと思います。炭酸塩だったらKHの維持に使われるし、硝酸塩だったら脱窒ができる環境だったら抜けていくし。硫酸塩とか塩化物とかだとそのまま残って、いずれイオンバランスを崩しそうな気がします。
結局のところ、バランスを崩さずに必要なイオンを足すには換水が一番かと。

それと純度の高い塩なら、試薬レベルのものなら99%のものが買えますよ。
でも一般の薬局では売ってくれないかも。研究系の仕事をしている人にこっそり買ってもらうとか?

カリウムの定量はホビーレベルのものでは難しいと思います。
同じような性質のナトリウムが海水には圧倒的に多く入っているので。
ざっくりした量はわかるかもしれませんが、増減が分かるほどの精度を求めるなら、
検査機関に出した方が良いと思います。


TAKAさん
ご無沙汰しています♪
本件とは関係ないですが、ちょっとまえにブログにコメント書き込んだんですが、
アップされないまま書き込みできなくなっちゃってました。
ところでCs+ > NH4+ > Pb2+ > K+ > Na+ > Ca2+ > Mg2+ > Ba2+ > Cu2+ > Zn2+
の順番ってどの程度の優劣があるんですか?
例えばPbとKの間は一桁違うとか、KとNaはあまり変わらないとか。
ゼオライトでイオン交換されるときに圧倒的にNaが大量にあると、Kが吸着される量がどこまで吸着されるのかが何となくイメージできないので、ご存知だったらもう少し詳しく教えてください。

いいね!0

19.[>][x] プロフィールTAKA Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/27 02:55

連続投稿すいません。
カリウムじゃないですけど、マグネシウム添加で硫酸マグネシウム単独添加ではなく塩化カリウム単独、若しくは硫酸マグネシウムと塩化カリウムの混合液(1:7.1)で添加するのがベターという記事を見つけました。
http://reefkeeping.com/issues/2006-07/rhf/index.php

簡単に書くと、硫酸マグネシウムの単独添加だと硫酸イオンの蓄積が問題になるようです。リンク先のTable4と5がそれを表しています。また、定期的な水換えをしても硫酸イオンが蓄積される結果がFigure1-6に示されています。
それに対して塩化マグネシウムの単独添加だとCl-イオンの蓄積は硫酸イオンに比べると非常に軽微だと言うことがTable6と7に表されています。
結論として硫酸マグネシウムの単独添加はお勧めできないとあります。また、Table7の下の記述に硫酸マグネシウムと塩化マグネシウムを質量比1:7.1の混合液を添加することにより、硫酸イオンとCl-イオンの比を天然海水と同じように保つことができるとあります。

上記はマグネシウムに関してですが、カリウムにも当てはまりそうな気がしますがどうなんでしょうかね?

いいね!0

20.[>][x] プロフィールTAKA Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/27 03:03

けんヂさん、
うちのブログなのですが、あまりにスパム書き込みが多いので「コメント禁止」にしてました。先ほど解除したので書き込める状態にあります。但し、私の認証が必要になりますが。。。

>ところでCs+ > NH4+ > Pb2+ > K+ > Na+ > Ca2+ > Mg2+ > Ba2+ > Cu2+ > Zn2+
>の順番ってどの程度の優劣があるんですか?
全く分かりません。。。この域になるとちんぷんかんぷんです。この親和性の順番もRCで化学に詳しい人から教えてもらいました。因みにZEOvitのゼオライトがclinoptiloliteとしてアドバイスをもらいました。

いいね!0

21.[>][x] プロフィール管理者エイジ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/27 07:31

TAKAさん、

> 塩化カリウムに特別な意味があるのかもしれませんね。

そう。例えば、溶液の保存性の問題等から塩化カリウムを混ぜた方が長期保存できる、とかの理由があるなら理解せざるを得ないんですけど、単に比率だけの意味なら、その手間を割くだけの価値があるのか疑問に思えて仕方ないんです。
ましてや、どうせ適度に換水する訳だし。

> この場合、Cl-の蓄積でしょうか?一週間に一度10%程度水換えしていればCl-の蓄積も問題にならないかと思います。

そう。だから細かな比率を合わせてまで手間を割く必要があるのか?と。

> 長期間水換えなしだと...

「長期なら」と言う条件付きなら、まだ判りますね。でもそれなら他のイオンも揃えないと。

johnnyさん、

> 肥料だとその辺りが心配でしたが、大量に入れるわけでもないし大丈夫かな。

肥料と言っても、窒素・リン・カリの内「カリだけ」ですから。
普通に窒素やリンが入った肥料なら、そりゃアカンですけど(汗)

けんヂさん、

> 炭酸塩だったらKHの維持に使われるし、

炭酸塩だけ見ればそうですが、「炭酸カリウムだと海水では沈殿してしまう」とスレ主の猫パパさんの意見にありますので、添加は容易ではないようです。

> 硝酸塩だったら脱窒ができる環境だったら抜けていくし。硫酸塩とか塩化物とかだとそのまま残って、いずれイオンバランスを崩しそうな気がします。

「硝酸」ですか? 硝酸カリウムと言うことですか?
塩化物に関しては同意見ですが、硫酸イオンについては上でも書いたように硫黄循環で変動する要素ですし、一方的な蓄積ではないと思います。
それに、いくら脱窒があるとは言え、皆さんが低栄養塩を目指す中で、敢えて硫酸イオンの増加よりも硝酸の増加を選択すると言うのはどうかなぁ?と僕は思うのですが。。。
まあそれで換水が要らなくなるなら助かりますけど、換水の手間と低栄養塩のどっちを取るかと言えば、やっぱり後者じゃないかしら?

再びTAKAさん、

> 簡単に書くと、硫酸マグネシウムの単独添加だと硫酸イオンの蓄積が問題になるようです。

リンク先を見ると、正確には添加量に伴って硫酸イオンの増加量も大きくなる、と言うことを言ってるようなので、水槽に残留(蓄積)するかどうかとはまた別の問題のようです。

益々判らなくなったので、実際に計算してみました。
前提として、リンク先の条件を使います。
・海水成分中の塩化物イオン量 : 19350ppm
・海水成分中の硫酸イオン量 : 2710ppm

まず、リンク先でのマグネシウムの場合、
-----------------------------------------------
水槽100Lのマグネシウムを100ppm上昇させる場合、各表から、
硫酸マグネシウムの場合、硫酸イオン395ppm↑ (15%↑)
塩化マグネシウムの場合、塩化物イオン292ppm↑ (1.5%↑)
-----------------------------------------------
念のため確認したら計算は合ってました(笑)

で、同様にカリウムで考えた場合、
-----------------------------------------------
硫酸カリウム(K2SO4)の分子量 : 78.2 + 96.1 = 174.3
100L * 174.3 / 78.2 * 100ppm = 22.3g
22.3g / (100L * 174.3 / 96.1) = 122.95ppm↑ (4.5%↑)

塩化カリウム(KCl)の分子量 : 39.1 + 35.45 = 74.55
100L * 74.55 / 39.1 * 100ppm = 19.1g
19.1g / (100L * 74.55 / 35.45) = 90.8ppm↑ (0.5%↑)

よって、
硫酸カリウムの場合、硫酸イオン122.95ppm↑ (4.5%↑)
塩化カリウムの場合、塩化物イオン90.8ppm↑ (0.5%↑)
-----------------------------------------------
なので、あくまでもパーセンテージで見ると、マグネシウムでもカリウムでも10倍差がありますが、増加量で見ると1.35倍しか違いません。(塩化物イオンの方が増加量が少ないと言うメリットはあるみたいけど)
だから塩素の方が「軽微」に見えるけど、実際の増加量は少しの違いです。

で、この結果を判断する時に、

海水中の塩化物イオンは硫酸イオンより大きいので、大きい方なら多少増えても問題ないから、どうせ増加するなら塩化物イオンを選ぼう!

と言う考えと、

増加量は塩化物イオンも硫酸イオンもさほど違わないけど、塩酸負荷と残留・蓄積の問題を考えたら、硫酸イオンを選んだ方が無難でしょ!

と言う考えが出てくるかなと思いました。

要するに、比率は確かに重要なのですが、どうせ全ての元素を同比で添加する訳ではないし、だったらその内の塩素と硫酸だけにこだわってもしょうがないじゃんと言うことと、もしそれらのイオンの増加量の分散と言う意味での混合方式だとしても、増加「率」に惑わされず増加量と元素の影響を重視した方が良いんじゃないかしら?と言うことで、硫酸イオンが100ppm増えるのと塩化物イオンが50ppm増えるのとどっちがマシなの?と言う点を考慮すると良いんじゃないかしら?と思いました。

ただ、これはあくまでも適度な換水により許容されると思うので、本当に無換水でいくなら、比率重視が良いのかなと思います。でもそれこそ、その時は塩素と硫酸イオンだけじゃなくて、他のイオンも全て同比を実現しないと本末転倒ですよね。

でも本当はもっと納得のいく答えが欲しいです(汗)

いいね!0

22.[>][x] プロフィールカニハゼjohnny Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/27 10:20

TAKAさん

ありがとうございます。
やはりカリウムの減少はゼオライトの吸着ということで、そういえばカリウム添加剤を発売してるのは、ZEOvitのKorallenとNeoZeoのBrightwellというのもそういう意味なんですね。

どうもカリウム添加剤に書いてある「これを入れるとミドリイシの青が強化される」という説明書きに踊らされてた気がします。。。

エイジさん
> 肥料と言っても、窒素・リン・カリの内「カリだけ」ですから。
> 普通に窒素やリンが入った肥料なら、そりゃアカンですけど(汗)
そ、そーですよね。窒素やリンは別口で入れるわけだからカリには入ってないですよね。汗)
どうも肥料→富栄養というイメージが頭にありまして。

SとClのお話ですが、確かに比率でみるとClの上昇率のほうがSO4の上昇率よりも低いですね。
そうすると、SO4がどのくらい気化(硫化水素?)やスキマーでどの程度取り除かれるかによるという事でしょうか。

別スレのTakaさんのリンク先にあるスキマーによるUKの組成表を見るとUK全体で55.8に対してSは1.18、Clは0.40とあるので、Cl:Sの比率は元々の海水では7.1:1に対して、スキマーによる抽出では逆に1:2.9となりますね。

そうするとハイパワースキマーを持ってる場合は、SはほっといてもClの20倍のスピードで減少するんだから過剰を気にすることは無いが、スキマーが無い場合や汚水型の場合は気にしてClを添加する方が良い、という話になるんでしょうか。

いいね!0

23.[>][x] プロフィールTAKA Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/27 12:35

エイジさん、
>リンク先を見ると、正確には添加量に伴って硫酸イオンの増加量も大きくなる、と言うことを言ってるようなの
>で、水槽に残留(蓄積)するかどうかとはまた別の問題のようです。
どのTableのことを言われていますでしょうか?Table4は1年間水換えなしで硫酸マグネシウム及びAlkとCaを定量添加したときの1年後の硫酸イオンの値及び上昇率だと思います。Table4の説明文を見ても硫酸イオンの蓄積を問題としていると思いますが、私の理解が乏しいのでしょうかね。。。

結局は、どうせ定期的な水換えするんだからどっちでもいいように感じてきました。エイジさんの書き方からに増加率より増加量のほうが重要に言われているように思いますが、あっていますでしょうか?だとしたらなぜこの化学者は増加率を重要視したのでしょうか?この人のポイントがずれてる?


johnnyさん、
カリウムが青色の色揚げに効果があるのかも知れません。これは良くわかりません。元の人工海水の素のK値が低い可能性もありますし。その場合、ゼオライトの使用有無に関わらずKを添加することで天然海水レベルにもっていって、それが青の色揚げに効果があるかもしれません。
ゼオライトでKが消費されるか実験すればよいと思うので、少し考えてやってみます。時間ができればですが。。。

いいね!0

24.[>][x] けんヂ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/27 22:28

エイジさん
そうですね。
確かにわざわざ硝酸塩を加える必要はないですね^^;。
でもどこかでシステムの立ち上げの初期に硝酸カリウムを少量加えるって見たことがあります。
もっともこれはカリウム塩を加える意図ではなく、硝酸塩を加える意図だったように記憶していますが。
脱窒の場合は、最終的には窒素になって空気中に排出されるので、水中の窒素濃度が結果的に減りますが、硫黄循環だと空気中には排出されないと思うので、やはり水中に溜まるような気がします。
底砂の深い部分では嫌気雰囲気になって、そこでは硫酸イオンが還元されて硫化水素になっているかもしれませんが、それが水中に放出されたら臭くてたまらないでしょう。

あと、炭酸カリウムが海水で沈殿するのは、たぶん炭酸カリウムが沈殿しているのではないのでは?炭酸カリウムって凄く水に溶けやすいのでそうそう沈殿はしないと思います。きっと溶解度が高くて結果的に炭酸ナトリウムよりも炭酸イオンをたくさん加えることになるので、炭酸カルシウムか何かが沈殿しているのでは? (って昔のスレに書いてあったかな?よく読んでいなくてすみません)
海水っていろんなイオンが溶けていて、それらがいろんなバランスで平衡を保っているみたいなので、単純な理屈では解決しないのかもしれません。少なくとも私の頭の中では整理つけきれません。

いいね!0

25.[>][x] プロフィールTAKA Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/28 00:55

炭酸カリウムの添加ではAlkがアップするとありますので、けんヂさんが仰るように炭酸カルシウムなどになって沈殿してそうですね。カルクワッサーや重曹添加と一緒?
硝酸カリウム(KNO3)だとカリウムを20ppm上昇させると32ppmの硝酸塩を加えることになるらしいです。これはかなりの添加になりますね。。。

いいね!0

26.[>][x] プロフィール管理者エイジ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/28 17:03

johnnyさん、

> SO4がどのくらい気化(硫化水素?)やスキマーでどの程度取り除かれるかによるという事でしょうか。

硫酸イオンは植物プランクトン、藻類(海藻、サンゴ)などにより吸収(DMS:磯の香り)されるので、スキマーによるそれらの回収効果は大きいかも知れませんね。

> スキマーが無い場合や汚水型の場合は気にしてClを添加する方が良い、という話になるんでしょうか。

うーん。。。僕はそれでもSの方が無難だと思うんだけどなぁ。。。

TAKAさん、

Table 4.です。判りやすく言うと、添加によって増加するであろう量にだけ言及したものであって、実際のその後の水槽内の反応・循環による変動は含まれて居ないので「蓄積」と言い切れるものではない、と言う意味です。
(Googleの翻訳と僕の解釈に間違いが無ければ(汗)

> だとしたらなぜこの化学者は増加率を重要視したのでしょうか?

「どちらが増加量・増加率が低いか?」に視点を置けばこの解答なのではないかしら?
「どちらが無難か?」に視点を置くなら、塩素より硫酸イオンだと思います。(こちらも僕の解釈が正しければ)
要するに、量に惑わされること無く、本質を見抜いているかどうかではないでしょうか。

A. 蚊に3回刺される
B. 蜂に刺される

どっちが多い?
答え:蚊

どっちが痛い?
答え:蜂

どっちが危険?
答え:蜂

けんヂさん、

> が、硫黄循環だと空気中には排出されないと思うので、やはり水中に溜まるような気がします。

硫黄循環のうちDMS(ジメチルなんとか)となる分は、植物プランクトン・藻類(海藻・サンゴ)により吸収されたり、それらが大気に開放されたりします。ミドリイシの匂いが磯の香りなのはまさにそれです。ま、実際に水槽ではせっせと大気に開放されている気はしませんが、生体内に吸収され留まる分はあると思います。死んでもそのまま大気に開放? あとはスキマーで除去かな。

> あと、炭酸カリウムが海水で沈殿するのは、たぶん炭酸カリウムが沈殿しているのではないのでは?

端折ってすみません。判ると思ったので(汗)
仰るとおり、炭酸カリウムがそのまま沈殿すると言ったのではなく、「炭酸を入れた方が無難」と言われたことに対して、『炭酸カリウムの添加では炭酸カルシウムか何かに変化して炭酸もカルシウムも無駄に沈殿しちゃうので、【炭酸の添加】としては効率が悪いし、カルシウムまで下がっちゃうなら避けるべきでは?』という意味です。

いいね!1

27.[>][x] けんヂ Re: 炭酸カリウムの添加について 2010/10/29 00:42

エイジさん

ふむふむ。
勉強になります。ありがとうございました。

いいね!0


ブックマーク


このスレッドへの投稿フォーム

あと23件発言できます

まりんちゅシティに滞在の海人さんは各キーも入力してくださいね


3000KB以下の PNG/JPG/BMP/GIF 画像 HELP
デジカメの写真は容量が大きいので、画像ソフト 等で3000KB以下に加工してから投稿してください。
JPEGなら縦横のサイズを800x600ピクセル以下にすると、ほぼこの容量に収まるでしょう。
YouTube/AmebaVisionの動画URL HELP
YouTube 例) http://www.youtube.com/watch?v=(11桁の英数字)
AmebaVision 例) http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=(5桁以上の数字)




0.11 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説