BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題



質問・悩み > ろ材の量について

ページビュー (9869)

1.[>][x] プロフィールTAKA ろ材の量について 2009/9/7 03:58

魚水槽の濾過槽を見直そうとしています。使用するのはSeachemのMatrixと言うろ材で、1〜2Lのろ材で400Lの水量まで対応しているようです。今回、水量400Lの魚水槽に12LのMatrixを使用しようと考えています。単純に12LのMatrixだと2400〜4800Lの水量に対応できます。
質問の内容は、ろ材の量をかなり多く使用したときのデメリットは何かありますでしょうか?単純に考えられるのは、薬などを入れたときにろ材に吸収されるような気がしています。
アドバイス頂ければありがたいです。

いいね!0


2.[>][x] チェルブピグミートワ Re: ろ材の量について 2009/9/7 21:33

いつもブログをこっそり拝見いたしております。

一番のデメリットは、ろ材を多くした場合、それに見合うだけの水流・酸素を供給しなければならないので、ろ過システムが大きくなることです。
S.M.は従来のろ材よりもはるかに少量で同じろ過能力があるとのことですから、必要以上に多くのS,M,を使用するのは商品のメリットを損なうものです。
説明書では1Lでプラスチックボール48Lと同じ能力と書いてましたが、おそらく表面積からの机上計算で出た比較数値でしょう。
ちなみに、一般的に魚水槽で使用されるのは骨サンゴですが、昔から水槽システム総水量の重量比10%が適量と言われてまして、私の経験からも正しいと思っています。つまり、400L水槽なら40Kgの骨サンゴが必要になり、1Kg/Lとすると、水流・溶存酸素から厚さ100mmが最適であることから、奥行き400mmのろ過槽なら幅1000mmも必要になります・・容積では40L・・。

今回12LのS,M,ですから、骨サンゴの約1/3の量(容積)で済むことになりますが、メーカー指示通りでは1/20〜40の量でいけることになります。

薬に関しては仰る通りだと思いますが、私は本水槽に投与した経験が無いのでよくわかりません。
行き着けショップではよく使用しているので話だけは詳しく聞いています。

いいね!0

3.[>][x] プロフィールTAKA Re: ろ材の量について 2009/9/9 00:43

トワさん、
お礼が遅くなりまして、大変申し訳ありません。

>一番のデメリットは、ろ材を多くした場合、それに見合うだけの水流・酸素を供給しなければならないので、ろ過システムが大きくなることです。
なるほど〜。逆に言えば、ろ過システムが大きくてなっても問題ないなら、この部分は選択機材でなんとかなるのですね。このろ材を通過する流量などはまったく考慮していませんでした。溶存酸素は、スキマーを補助的(汚れ取りというよりは、エアレーションのため)にいれようと考えていたので、あまり問題にならないかなと考えています。
何故こんなにろ材を入れたいかと言いますと、魚を沢山入れたいため、ろ過能力をできるだけ大きくしておきたいからです。

いいね!0


ブックマーク


このスレッドへの投稿フォーム

あと47件発言できます

まりんちゅシティに滞在の海人さんは各キーも入力してくださいね


3000KB以下の PNG/JPG/BMP/GIF 画像 HELP
デジカメの写真は容量が大きいので、画像ソフト 等で3000KB以下に加工してから投稿してください。
JPEGなら縦横のサイズを800x600ピクセル以下にすると、ほぼこの容量に収まるでしょう。
YouTube/AmebaVisionの動画URL HELP
YouTube 例) http://www.youtube.com/watch?v=(11桁の英数字)
AmebaVision 例) http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=(5桁以上の数字)




0.09 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説