BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題




1.[>][x] ともぞー 水槽の早期立ち上げ方法について 2009/8/15 12:09

こんにちは。 ご無沙汰しております。

私の家の近くに海水魚ショップが無く、一人細々とアクアリウム生活を送っておりましたが、この度知り合いの某飲食店より海水魚水槽の立ち上げ及びメンテを依頼され(報酬は酒代ですが^^;)立ち上げに7月の末より取りかかっておりますが、亜硝酸がどうしても落ちてきません。(硝酸塩への分解ができてないようです) 

濾過層は私が立ち上げ後1年使用した濾材入りの物です。(サンゴ石15キロ、パワーハウス12L)私が使用していた時には亜硝酸はたまりませんでした。(撤去後その日のうちにお店で稼働させました)

水槽はL型の水量20L位のオーバーフロー水槽に60センチ規格水槽サイズの濾過層と濾過層からオーバーフローで下の60センチ規格水槽に落としております。(総水量約100L)
今は小さい魚が10匹ほど泳いでいるだけなんですが、今月中にサンゴやイソギンを入れたいと思いますので、どなたかご教授を宜しくお願いします。

いいね!0


2.[>][x] アオちゃん 水槽の早期立ち上げ方法について 2009/8/15 16:48

参考になるかわかりませんが、私は天然海水にバクテリアのコンビで立ち上げの翌日に生体を入れてますが、生体、サンゴにはなんの影響も出ず、調子が良いです。
海洋深層水を使用しているせいか?色上がり、生存率も凄く高いですよ!

いいね!1

3.[>][x] プロフィールよっちゃんいか Re: 水槽の早期立ち上げ方法について 2009/8/15 17:27

こんにちは。

一度大幅な換水されてはいかがですか?  わたしもアオちゃんと同じく水槽設置にミドリイシやら入れてしまってますが、なんら問題ないので.. ライブロックかなぁ  魚の数も少し多い気がします。

って参考にならんやんけっ ごめんなさい。

いいね!0

4.[>][x] 初心者 Re: 水槽の早期立ち上げ方法について 2009/8/15 20:10

こんばんわ。

ともぞーさんの所で使用してた濾材を使用して亜硝酸が出てるなら
まず怪しいと思う部分は循環ポンプかな。

循環ポンプが大きくて、ともぞーさんの水槽で使用されてる
循環量より計算して多く(沢山)回ってませんか?

循環流量が早いと通水濾過システムだと幾らバクテリア付きの
濾材を使用しても通水スピードが違う為、上手く濾過が働きませんよ。

ナチュラルシステムだと余り気にしなくて良い部分ですが
濾材を使用する飼育システムだと案外見落とすポイントでも
有りますので一応一つの可能性として応えさせて頂きます。

いいね!0

5.[>][x] ともぞー Re: 水槽の早期立ち上げ方法について 2009/8/16 09:55

おはよう御座います。

アオちゃんさん、天然海水よさそうですね^^
できたら、通販で天然海水のお勧めってありますか?

よっちゃんいかさん、昨日の夜に全換水しました。これで様子を見てみます。
魚の匹数は最初にしては多いですかね?小さめの魚ですが、最終的に30匹くらい入れようかと思っています。

初心者さん、確かにポンプの流量が濾過層移設時に変わってます。ポンプの掃除とインペラー交換で
見た目に結構変わったように見受けられました。早速流量を少し絞ってみます。

いいね!0

6.[>][x] ゴールデンバタフライトワ Re: 水槽の早期立ち上げ方法について 2009/8/16 11:18

いわゆる、「引越しの失敗」 というトラブルではないでしょうか??

ろ過バクテリアはかなりデリケートなので、数時間の引越しでも死滅して腐敗することがよくありますが、眼に見えないのでそれに気付かないでトラブルを起こします。

ろ材も、魚・サンゴ・ライブロックとまったく同じ扱いで引越しをしないと上手くいきません。

ろ材と魚を同じ容器に入れた状態で引越しをして、魚が元気で生きているくらいの慎重さが必要です。

死滅したろ材を使用するくらいなら、新品のろ材を使うほうが立ち上がりが早いです。

おそらく、バクテリアの死滅・腐敗で、マイナスの状態からの立ち上がりになってしまい、立ち上がりが新品のろ材よりも遅れてしまっています。

立ち上がりに天然海水を使用すると早いというのは昔から言われている事実ですので、天然海水と新品のろ材と魚と同じ容器で一緒に引っ越せる使用中の少量のろ材で立ち上げるのが、最も安全で早い方法です。

つまり、ひとことで言うと、「魚・サンゴ・ライブロック・バクテリア・は、すべて同等のレベルで扱かうこと」 ですね。

いいね!0

7.[>][x] プロフィール管理者エイジ Re: 水槽の早期立ち上げ方法について 2009/8/17 02:28

ともぞーさん、

現状に関係するかどうかに関わらず、気づいた点です。

1. 生体用スペース20Lに対して、濾材がかなり多いようですね。
  そもそもその濾材量は何リットルの水量で使用してましたか?
2. 実際の水質データはありますか?(アンモニア、亜硝酸、硝酸の値)
3. オーバーフロー中段に設けた濾過層の構造は、全ての濾材が通水されてますか?
  (意図しないデッドスペースにより可笑しな還元回路が発生していないか?等)
4. まだ立ち上げ期間が浅いので、もう少ししたら解決するかも。

2.については強引かも知れませんが、せっかく処理された亜硝酸(→硝酸)が、何らかの還元作用の発生によって亜硝酸に戻されてしまっていないか?と言う理由付けです。底面濾過的に全濾材に通水しているならOKですが、単に溜めてるだけのオーバーフローならあり得ないとは言えませんし。

種砂として再利用しても、以前とは異なる通水環境になったことで、細菌の分布や量に再構築の期間を要しているのかも知れません。いずれにしても時間が解決すると思いますよ。本来、硝酸菌の処理速度の方が亜硝酸菌より優位とのことなので。

いいね!1

8.[>][x] ともぞー Re: 水槽の早期立ち上げ方法について 2009/8/17 12:58

こんにちは

本日、水質測定いたしましたが亜硝酸、アンモニアは検出されませんでした、全て無事に可動を始めたようです。

トワさん。ご指摘有難うございます。ろざいも魚と同様に海水をはったバケツに入れて運搬しておりましたが、何らかのダメージがあったようですね・・・気をつけます。

エイジさん、ご指摘有難うございます。

まず1ですが、50Lの水槽に50匹のスズメダイを飼育しておりました。濾過槽の下にもう1つ水溜水槽を置いており、増えすぎた珊瑚を入れてありました。

2ですが、当初アンモニア0 亜硝酸0。3 硝酸塩0でした
現在はアンモニア0 亜硝酸0.3 硝酸塩5くらいです。

3は濾過槽(水槽内)に縦の仕切り板を3つシリコンで固定し4
曹ろかとしております。ほかにスキマー有り

最終的には20Lのスペースに50匹泳がそうと思っておりますが、可能でしょうか?
その20Lの水槽も2層にしており、滝のように流れ落ちる工夫もしておりますので、酸素は大丈夫と思うんですが・・・・総水量を考えればいけるきがするんですが。。。^^;

いいね!0


ブックマーク


このスレッドへの投稿フォーム

あと42件発言できます

まりんちゅシティに滞在の海人さんは各キーも入力してくださいね


3000KB以下の PNG/JPG/BMP/GIF 画像 HELP
デジカメの写真は容量が大きいので、画像ソフト 等で3000KB以下に加工してから投稿してください。
JPEGなら縦横のサイズを800x600ピクセル以下にすると、ほぼこの容量に収まるでしょう。
YouTube/AmebaVisionの動画URL HELP
YouTube 例) http://www.youtube.com/watch?v=(11桁の英数字)
AmebaVision 例) http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=(5桁以上の数字)




0.07 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説