BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題




1.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/6 17:46

初投稿させていただきます。

どうもうちでは青系ミドリイシの青色の維持ができません。
茶色とかになるのではなく、パープルになります。

宜しければ画像はブログにUPしておりますでご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/massun_aquarium/33755920.html

タンクは900x450x450のベルリンでミニカルにスキマー、
照明はシープロ250(散光モード)、スーパークール(マリンブルー集光、アクアブルー散光)、シエロコバルトブルー散光です。

水質はKH:9〜10、Ca:450以上、硝酸塩、リンともにホビー試薬では検出されません。
またRO水で換水は1wに60リットルくらいです。

最近になりポタシオン(添加剤)も入れて変化を見ております。
ほかのパラメータも測定する必要はあるでしょうが^^;

過去シープロでの薄いパープルのミドリイシを濃いパープルに変えたことが多々ありますので
この影響が青系ミドリイシにも及ぼしているのかとも思えるのですが・・・。

色んなことを知れば知るほどただ単に「照明のせい」だけとは思えなくて
いろいろ考えてしまいます。(泥沼にどっぷりです)

どうぞ宜しくお願いいたします。

いいね!2


2.[x] プロフィールTAKA Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/7 04:39

まっすんさん、
カリウム(ポタシウム)濃度を測った方が良いです。もし、380〜400の間ならカリウム濃度は関係ないと思われます。水槽にもよりますが、非常に低い値のときがあります。

いいね!2

3.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/7 06:30

おはよございます。

僕も青いスギノキが次々と紫になっていった事があります(苦笑)
当時は10000K+SC+赤玉という環境でした。特にSCが良く当たっていたかな。

水質にも勿論左右されると思いますが、やはり大きくは光によるものではないでしょうか?

一般論的なことしか言えませんが、例えばサンゴに限らず多くの光合成生物は主要クロロフィル(光合成色素)以外にもいくつかの補助クロロフィルを持っていて、それらの分光吸収帯はクロロフィルのタイプによって異なります。(青いミドリイシなら青以外の光を良く吸収するクロロフィルを持った渇虫藻を宿していると言うこと)
それらの比率が光環境によって必然的に導かれるのでしょう。
また、観察時の光環境によっても見え方は異なりますよね。(青い照明下ではより青く見える等)

例えば、まっすんさんの水槽は、青への色揚げにすごく適していて、その効果が少し大きすぎるため、青→紺→紫のように見える?のかも知れません。(紫は青の下に位置する波長なので)
特に青を吸収する色素は多いので、その中で紫に発色する色素があるとすれば、青ベースの光環境の水槽でその色素にとって有利となり、強く発色してくるのかも知れませんね。

最近の照明にはすっかり疎いので、どのランプがどんな色を発しているか判りませんが、例えば大抵の水槽の光環境は青ベースですよね。とは言え青い生体にとって、緑の光が足りないのか赤が足りないのかは、なかなか判りません。少し光を工夫して、不足しがちな赤を補足することで、反応するクロロフィルの比率に変化が得られるかも知れません。
例えばフィコシアニンと言う青い色素は橙色(黄色〜赤)をよく吸収しますから、仮にスギノキの青い色素も似たような性質であれば、赤の補色によって青がより強く乗ってくるかも知れませんね。

以上、机上の空論ですが、実施は自己責任でお願いします(汗)

僕らの時代では、青のスギノキは10000Kあたりが主流でした。6500Kの人も居たかな?
当然、青以上の波長も程良く含まれているため、特にスギノキのような浅海域に生息するミドリイシには、自然光に近いので光環境的にも適していると思われます。
仮に自然下でも青いスギノキを少し深場に移植すると、紫になったりして?

いいね!5

4.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/7 11:47

TAKAさん
アドバイスありがとうございます。

やはりカリウムを疑うのは測定してからですよね^^
カリウムは測定してみたいと思いますが試薬って
なかなか見つかりません^^;
しかも見つけてもめっちゃ高い・・・・
TAKAさんがお使い物などオススメはありますでしょうか?

いいね!0

5.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/7 12:07

エイジさん

初めまして^^
そしてアドバイスに感謝いたします!

やはり光による影響が大きいんですね。
クロロフィルについては読んだことがあるんですが
エイジさんのコメントのように詳しく載ってなかったんで
本当に勉強になります。

>赤の補色によって青がより強く乗ってくるかも
こういう事もあるかもなんですね。
これもやはりそれぞれの色素自体の性質によるもので
それを実際に探るというのもまた興味深いことですよね。
(ちょっと怖いですが^^;)

私もスギノキなどは10000Kや6500Kあたりということを
よく聞いていました^^
ですからSCのマリンブルーを一番にその一つ青みが深くなった
アクアブルー止まりで今まで来てました^^
やはり色んな波長を含んでいるので光環境的にも適しているんですね。

今後はさらに球の色を意識しつつ
興味深く見て行きたいと思います。

いいね!0

6.[x] プロフィールよっちゃんいか Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/7 16:47

BLOG拝見しましたっ 

これはこれでメチャ綺麗ですやん♪

贅沢な悩みです(笑) 

うちの水槽なんかは色もバラバラ 種類(深場 浅場)もバラバラ

照明の強いとこにあるものは、真っ白になったり..

色々と試してみたいところですが 照明を揃えるお金と 選択する知識がパーなので..

頑張ってみてください。レポート楽しみにしていますっ

いいね!0

7.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/7 18:10

よっちゃんいかさん

初めまして!
そしてコメントありがとうございます。

> 贅沢な悩みです(笑) 
確かに贅沢な悩みですよね^^;
でも気になりまして・・・。

おっしゃるようにいろいろと試してみたいですよね!
でも同じくお金がかかるしそう簡単にはできませんものねぇ。。。

ボチボチですがいろいろと観察してみますね!

いいね!0

8.[x] プロフィールスミレヤッコTank Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/7 21:53

こんばんは。

ちょいと我が家の現状を。
少し明るいブルーのスギ系ミドリイシにRB37(興和KS−CX)を当てていたのを最近ブルーLEDに変えたところ、ブルーが濃いというか?キレイなブルーではなくなったような。
照明が消えている時に見ると少し地がパープルっぽい感じもしている。

これってエイジさんが仰っていることに通じる要因かも

ちなみにメインはアストロビーム250Wです。

まっすんさん、実験するならRB37が2灯あるんで貸し出しましょうか。

いいね!0

9.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/8 00:03

まっすんさん、初めまして。
いつも拝見しているので、初めましてと気づきませんでした(汗)

まっすんさんの照明下で、UVの値を測定されたことはありますか?
もしかしてUVの影響も少なからずあるかも知れません。
スーリンのサイトにも書かれてますが、特に浅海域のサンゴにはMAAsと言う対紫外線色素が含まれていて、僕的にはそれも外観の色彩に影響を与えているような気がしています。
http://www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/pigmentation.htm

そうなってくると、照明の色温度、照度、紫外線など、同じ光でもいろんな要因に左右されると言うことになってきますね。

当時、水色のコエダミドリイシにSCを近づけたら、色が濃くなりました。青というか紫風に。
もし紫外線も他の波長と同様に色素に影響するとすれば、照明を近づけたことによりUVが増したため、それが色彩の構成にも含まれたのかも知れません。例えば、紫外線を吸収した色素が紫に発色する等。
ちなみに当時測定したデータですが、SC(当時はマリンブルーしかなかった)の距離20cmのUV量は、約3.8mW/cm2でした。これは自然界よりチョイ強い程度です。
紫外線は我々には見えませんが、隣接する可視光線は紫です。もしかして?
サンゴの紫外線写真がスーリンちにあります。
http://www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/colour.htm

これらのことも踏まえると、単にサンゴと同系色の光を与えれば良いと言うことでは無いことが判ってきますね。青いサンゴに青い光、と言う措置で済めば楽なのですが。。。
Tankさんの結果も、こういう事だろうと思います。

もうひとつ、推測的な話です。
まっすんさんもダイバーなので薄々お判りだと思いますが、青いサンゴって浅場に多くありませんか? 深くなると、赤が多くなる気がしませんか? 緑は比較的広範囲に分布していませんか?
これを理由づけると、海中は深度と共に色温度が青くなりますよね。言い方を変えると、浅場ではほぼ全域に渡って波長が利用可能であり、深くなるほど青に偏ります。
と言うことは、浅場では色んな色彩が発現可能であり、青も含まれますが、深場では青しか利用できないため、青以外の色が発現しやすい、と言えるかも知れません。
深場では全ての景色が地味な褐色の世界に見えますが、ライトを当てると意外と鮮やかな赤色だったりします。

例えば、青をカットした照明で、UV有りとUV無しを当てて、スギノキブルーがどう変化していくのか実験してみると、とても面白いかも知れません。
誰か試してみて欲しいなぁ〜♪

いいね!4

10.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/8 00:32

TANKさん

初めまして!
そしてコメントありがとうございます。

RB37からブルーLEDへの変更でパープルですか。
なるほどエイジさんがおっしゃることに通じる感じがしますね。

え、RB37貸して頂けるんですか!
そんな悪いですよ〜^^;
実験結果もきちんと出せるかどうかわかりませんし。。。

いいね!0

11.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/8 01:06

エイジさん

おお、いつも見て頂いてたんですね!
いや〜恐縮です^^;
ありがとうございます^^

うちではUVの値は測定したことがないです。
スーリンさんのサイトにありましたよね!

MAAsはマイコスポリン様アミノ酸のことだったんですね!
私はサンゴが褐虫藻にからよりたくさんの貢物を得るための褐虫藻への刺激(たとえが悪いですが)としてのマイコスポリン様アミノ酸が推測されているということは文献で知ってました。

なるほどその物質が外観の色彩に影響も与えてるかも知れないんですね!

紫外線!
色揚げには紫外線というのは私がずっと聞いてきたことです。
まさにSCやシープロは紫外線カットされてませんよね。
うちも同じくSCアクアブルーはシエロコバルトブルー近てます。

> これらのことも踏まえると、単にサンゴと同系色の光を与えれば良いと言うことでは無いことが判ってきますね。青いサンゴに青い光、と言う措置で済めば楽なのですが。。。
> Tankさんの結果も、こういう事だろうと思います。

なるほど・・・やはりそれだけは済まない気もします。。。

> まっすんさんもダイバーなので薄々お判りだと思いますが、青いサンゴって浅場に多くありませんか? 深くなると、赤が多くなる気がしませんか? 緑は比較的広範囲に分布していませんか?

確かに最近潜ってませんが、おっしゃるように思えます。
深度とともに青くなっていきますからねぇ。
これは全く気づきませんでした。

> 例えば、青をカットした照明で、UV有りとUV無しを当てて、スギノキブルーがどう変化していくのか実験してみると、とても面白いかも知れません。

UV有と無での比較は確かに面白いですね!
現在のSCでもまだ紫外線はあるけど昔のSCはさらに凄かったって聞きます。
確かにショップでも旧タイプSCの直下はかなり色揚がりしてました。

いいね!0

12.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/8 02:31

まっすんさん、こんばんわ。

まりんちゅシティに参加されている方のブログはよく拝見してますし、まっすんさんのお名前も余所でよくお見かけするので、過去に何度もやりとりしているつもりになってましたよ(笑)

MAAsについては詳しく知りませんが、白化の過程で生じる活性酸素の処理に役立ってると理解してました。そのため、高水温や強光下ほど、多く生じるだろうと推測していました。そう言う意味では、渇虫藻にムチを打つのではなく、尻ぬぐいやなだめ役を果たす生活指導の先生かなと思っています。
一方で、別の抑制フローとして、サンゴによる意図的な渇虫藻の排出も生じ、透き通ったパステルカラーにも繋がるかなと思っています。でも、その先にあるのは白化ですよね(汗)
最近よく見受けるゼオライトのシステムも、決して水質的制御だけではなく、当然このような光も関係していると思います。上手くいかない場合は、光の制御も見直すと良いだろうと思います。

確かに当時のメタハラはUVカットしないと凄い量のUVが出ていました。abの10000Kなんて、SCの倍以上出てましたからね。それを利用して、照明を近づけたり離したりして、ミドリイシの色がどうなるか、よく実験していたものです。
赤系のスゲミドリイシ(だったかな?)も、SCを当てるととても濃い赤紫になりました。
更に別のSCに近い個体では、それを通り過ぎ、色が薄くなってしまったものもありました。これが白化の境界線かな?
ただ、照度と紫外線のどちらがどれだけのトリガになっていたのかはよく判りません。

また、緑のエダコモン(古い人は知ってるかな)は、より濃いメタリックグリーンになりましたね。
ただ、このエダコモンは何十人のアクアリストに配りましたが、何名かの水槽では薄い黄緑になっていたようです。やはり光(UV含む)が強すぎてもダメなんだろうなぁと思いました。
但し、この現象は水面の揺らぎ(水流)によって防げていた気がします。当時の僕の水槽も250W+150Wのメタハラをかなり近くで当てていましたが、エダコモンの色が薄くなることはありませんでした。しかもこのエダコモンは成長で水面に届いてましたが、マイクロアトール状態になってもメタリックグリーンは褪せることがなかったのです。
で、他の方との環境の違いを色々と比べていたら、僕の場合ほとんど洗濯機のように水流を回していて、水面はかなりユラユラしていました。そのため、いわゆる「焼け」にくい環境だったからかな?と思いました。水面の揺らぎは光を拡散しますし、水流は個体の冷却に繋がりますからね。

いいね!3

13.[x] プロフィールタテジマキンチャクダイ狩人 Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/8 10:03

エイジさん

私は超原始的な感覚で 青には青でほぼ合ってる気がします


エイジさんの仰る青色のサンゴは浅いところに多いと言うのも ほぼ合ってます

でも、私が現場(本当の海)で強く感じるのは 超浅場(水深2mまで)にきれいなブルーのサンゴが殆ど無いように感じる事で 青が多いのは5〜10mの気がします 超浅場のは逆に綺麗な赤の混ざったサンゴ、ピンクの混ざったサンゴが多い事です
あとは ほとんど茶色系ばっかり

超浅場には非常に強い赤系の光があたりますので 赤系の光を反射できない青い褐虫藻は焼け死んでると思ってるんですが

実際にSC、のディープブルーを他灯されてる方のブルーのサンゴは綺麗に青に色付いてるのが多いように感じます


原始的な感覚でごめんなさい

いいね!0

14.[x] プロフィールタテジマキンチャクダイ狩人 Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/8 13:44

近いうちに この辺りを検証する為に 直射日光で育てるミドリイシのブリードタンクを設置するつもりです

いいね!1

15.[x] プロフィールスミレヤッコTank Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/8 20:01

みなさん、こんばんは。

相性にレンジがあって、1か0では言い切れないんでしょうね。
それと、「青くなる」と「青く見える」の違いにようやく気づかされた気がします(汗)

照明を演出として考えていたウェイトが高かったかな、・・・反省


まっすんさん、こんばんは。

すみません、「初めまして」ではないんです。
クーラー外出し計画発表の際にでサンソーが静かとコメ入れさせていただきましたのは実は私なんです。
投稿時、名前変えれなくて・・・申し訳ないです。

いいね!0

16.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/8 23:49

エイジさん、こんばんわ。

なるほどMAAs「生活指導の先生」まさに良い例えですね^^
ゼオライトは水質的ものだけではなく光も関係しているんですね。
確かにあそこまでの激美のサンゴにしようとすればそうなりますね。

>水面の揺らぎは光を拡散しますし、水流は個体の冷却に繋がりますからね。
はい、私も水流はかなり重要視しています。
光の拡散はもちろんですが、酸化還元電位などの水質への影響がすごく大きいと感じています。
(これは経験だけであって数値的なものでありませんが)



狩人さん
教えて頂いたように青には青というのは、確かに私が拝見した数人の青く維持されている方の設備を見るとそう思えます。
超浅場はシュノーケルなどでは仰るように青系というよりもあまり冴えない色のサンゴが多いですよね^^;
「直射日光で育てるミドリイシのブリードタンク」はすごく興味あります!
是非ともがんばってください!(また他力本願ですいません^^;)



Tankさん
「青くなる」と「青く見える」そうなんですよ!
私はディープブルーは「青く見える」としか思ってなかったんです^^;
でもこうやっていろいろとお聞きしているとそれだけではないと私も気づかされました!
「サンソーが静か」とブログでコメ頂いたのはTankさんでしたか!
その節はありがとうございました^^
おかげさまでホントに快適な生活を送っております。

※なお、現在ブログでは「Yahoo!にログインせず」にコメントして頂くと
名前も普通に変更できますのでどんどんコメントお願いします!

いいね!0

17.[x] プロフィール狩人 Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 00:06

>※なお、現在ブログでは「Yahoo!にログインせず」にコメントして頂くと
名前も普通に変更できますのでどんどんコメントお願いします!

ああ、そうですか 次、やってみます

いいね!0

18.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 03:30

狩人さん、

別に僕の考えを強要したつもりはないので、謝らないでください。
持論を持つことは良いことですし、経験の証でしょう。
むしろ僕のキャラに説得力が無いのが悪いのです(苦笑)

また「本当の海」がどこなのか判りませんが、自然下での観察内容は、僕が今まで南紀、四国、沖縄本島、宮古島、石垣島と潜ってきて感じた印象からの、ただの推測です。海外は知りません。
ちなみに自然下のサンゴの色彩は、地域の照度や緯度に影響を受けています。沖縄で見られる青いスギノキが本州で見られない事の理由の一つです。また青い個体自体少ないので、本州では見ないけど沖縄ではある程度見られる、と言う程度のお話です。
更に水深を細かく分けておられますが、本州と沖縄の透明度の違い、干潮時の水位、この辺も考慮しなければなりません。この影響でも、サンゴが得る光に大きな違いが生まれますから。
ただ、流通サンゴの多くは熱帯産だと思うので、上記の僕の話題もその辺を視点としています。

> 超浅場には非常に強い赤系の光があたりますので 赤系の光を反射できない青い褐虫藻は焼け死んでると思ってるんですが

その理屈ですと、「青を反射できない赤いサンゴも焼け死ぬ」とも言えてしまいませんか?
サンゴの育みは今に始まったことではなく、環境に適正した結果、現状があります。だからこそ、我々から見ても僅かとも思える環境の変化で、白化を引き起こしたりする訳ですけどね。

ちなみに、ハナヤサイやトゲサンゴ、ショウガサンゴあたりの発色構造は、他のミドリイシとは異なっていると考えています。上記の考察ではこれらのサンゴを含めずに書いたので、それも誤解を与えた原因の一つかも知れませんね。その点は申し訳なかったです。
また、「青いサンゴに青い光」も決して否定はしません。隣接する波長を僅かにシフトして発色している場合も否めませんから。(実際にはそう言うクロロフィルの存在を知りませんが、一度調べてみますね)

自然光での実験、楽しみにしていますね。

Tankさん、

色の見え方については一番誤解を生む部分なので最初に書かせて貰いましたが、照明を消してサンゴが地味に見える時に一番実感できますね。
しかもそれをウェブで公開する過程にはサンゴの実色以上に、水槽の照明、カメラのホワイトバランス、OSのカラープロファイル、ディスプレイの色表現、室内の光源など、実はほとんどが正しく再現されて見えません。
よって、ディープブルーの水槽を撮影した画像をネットで閲覧しても、サンゴの実際の色としてはあまり参考にならないでしょうね。厳密には、実物を自身の目で、しかも自然光源下で見てくるしかないでしょう。

まっすんさん、

酸素を運ぶと言う意味でも、水流は大切ですね。
青いサンゴについては、たまたま先日の南紀遠征で見たイソギンの画像をブログに載せてあります。
ただ、南紀で青いミドリイシは見ませんねぇ。。。
石垣、宮古あたりだと、シュノーケルでも見られるのですが。
普段ヤドカリばかりでサンゴは写してこないんですが、ちょっと昔の画像を探してみます♪

いいね!4

19.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 04:29

以下、光合成色素について、勝手にまとめてみました。

--------------------------------------------------
●光合成の森 > 光合成色素
http://sunlight.k.u-tokyo.ac.jp/shikiso.html

■クロロフィル
見た目は緑色
青い光と赤い光をよく吸収

■カロテノイド
見た目は黄色〜橙色
青い領域の光を主に吸収

■フィコビリン
見た目は青〜紫色
緑の領域の光を吸収
--------------------------------------------------
●(社)日本植物学会 > 研究トピック
http://bsj.or.jp/topics/02/

■海藻から抽出した光合成色素
フィコシアニン - 青
クロロフィルa - 濃い緑
クロロフィルb - 緑
クロロフィルc - 黄緑
βカロテン - レモン色
シホナキサンチン - 黄色
シホネイン - やや濃い黄色
フコキサンチン - 橙色
フィコエリスリン - ピンク
(注:色表現は僕の目視による)
http://bsj.or.jp/topics/02/images/colors.jpg
--------------------------------------------------
●Arietids > 藻類の分類
http://cacao55.fc2web.com/sub57.html

■光合成色素
クロロフィルa - 緑
クロロフィルb - 黄緑
クロロフィルc - 青緑
カロテノイド > カロテン > βカロテン - 橙黄
カロテノイド > キサントフィル > ルテイン - 黄
カロテノイド > キサントフィル > フコキサンチン - 褐
フィコビリン > フィコシアニン - 青
フィコビリン > フィコエリトリン - 紅
http://cacao55.fc2web.com/clo1.5.jpg
--------------------------------------------------

色々見て回って新たに理解したこと。
1. 旧来の「補助色素」と言う言い方は、現在はしなくなったそうです。
2. 色素の中でも、主に光合成、アンテナ、対活性酸素、余剰熱変換など、特性が色々見られるとのこと。

総合すると、特にカルテノイド色素によって余剰エネルギーが熱変換されると言うことは、赤系のサンゴ(少しでも赤を含むサンゴ)には水流の確保(放熱)が白化抑制の鍵になりそうです。逆に言えば、カルテノイド色素を含むサンゴは、含まないサンゴよりある程度の白化耐性があるのかも知れませんね。自然下で青が少ない理由のひとつかも?
海藻でも、赤いモノより緑のモノの方が高水温で溶けやすい気もしますよね?
ま、あくまでもこれらの情報をサンゴに割り当てられるとした場合ですが♪

いいね!5

20.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 04:35

画像サムネイル
640x480 112.5KB
思った以上にサンゴの写真は撮ってませんでした(汗)

おまけ 1.

四国で見たなんかのサンゴ。ポリプだけ青かったです。水深は5Mくらいかな。
補正したけどこれが限界。

いいね!3

21.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 04:38

画像サムネイル
640x480 147.2KB
おまけ 2.

宮古島で撮ったミドリイシ。緑だらけの中にポツンと青いの。水深は多分5M前後。
こちらも補正はコレが限界。

たまにはヤドカリ以外のものも撮るようにしようっと(汗)

いいね!2

22.[x] プロフィール狩人 Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 09:27

エイジさん

なるほど ありがとうございます
私の言う現場は 石垣島、宮古島、パラオ、モルジブ 辺り海で
超浅場というのは海の中で光に青味を感じない範囲と言えばいいでしょうか

>>その理屈ですと、「青を反射できない赤いサンゴも焼け死ぬ」とも言えてしまいませんか?

ここは あくまで推測ですが 褐虫藻全体的に青い光に対しては強い!
赤い光は それだけ熱い(発熱する)、と考えれば なんとなく

いいね!0

23.[x] プロフィールスミレヤッコTank Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 13:21

まっすんさん、こんにちは。

>紫外線!
>色揚げには紫外線というのは私がずっと聞いてきたことです。
>まさにSCやシープロは紫外線カットされてませんよね。

ちょいと教えてください。
SCの前面のガラスは付けてます?
シープロの球はアクアブルー?
シープロってUVカットガラスみたいなのは無し?
アクアブルーとシエロコバルトブルー各々の色の変化の違いは?(感覚的な意見でいいです)


色素って深すぎ・・

いいね!0

24.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 16:30

SCのディープブルーのスペクトルを見てみました。
http://www.kowasystem.co.jp/aqua/sc115.html
ほぼ紫しか発光していないようです。
誤解があるとすれば、メーカーの説明には「青系の強化」とあります。
しかしこれは生体を青くするの意ではなく、演色(青く見える)の意と思われます。
ですので、あくまでメイン照明を別に設けた上での演色用補助照明でしょう。
それに「水深20M以深」とありますが、どう見ても現実の20Mの色ではありませんよね。
(実際に潜った方ならお判りだと思いますが)
ちなみに深場水槽でないなら、僕はマリンブルーが一番オススメです。
(利用できる波長域が広いため、光合成で緑や赤を欲するサンゴ(青いサンゴ含む)にも有効)
マリンブルーやサンホワイト以外の球は全て演色用と見て良いでしょう。


狩人さん、

> 超浅場というのは海の中で光に青味を感じない範囲と言えばいいでしょうか

色温度が低い(色が色として認識できる)浅い水深と言うことですね。干潮水位時の数Mまで位かな。
逆にその水深だからこそ、青系の光合成色素が「青以外の光」を利用できると言えるんですけどね。
上にも示したように、狩人さんの考えを立証できるような「青い光で青く発色」できるような光合成色素は見つかりませんでした。お役に立てずすみません。
思うに、狩人さんの「色」とは、演色効果のウェイトが大きいのではないでしょうか?

> ここは あくまで推測ですが 褐虫藻全体的に青い光に対しては強い!
> 赤い光は それだけ熱い(発熱する)、と考えれば なんとなく

波長の分布は、波長として見た場合、赤の上に赤外線があり、その上に電波等があります。
また、青の下に紫外線があり、更にその下に色々な放射線があります。
そう言う意味では、「物体が得る熱」で見ると、赤外線に近い赤の方が「理屈的」には青に比べ「発熱」寄りです(笑)

但し「波長」で見ると勘違いしやすいのですが、周波数で言うとこの上下関係は逆転します。
青の方が周波数が高く(波長が短く)、赤の方が周波数が低い(波長が長い)のです。
そのため、光エネルギーの視点で見ると、赤よりも青の方が高エネルギーなのです。

と言うことは、光合成に於いては、赤よりも青を利用した方が効率が良いと言い換えれます。
このことが、青い光合成色素よりも、赤い光合成色素が多いことの理由の一つかも知れません。
(敢えて緑は外して表現しました)

ただ残念ながら、このことと「青いミドリイシに青い光」とは関係がありません。
こじつけるなら、青いスギノキに微量に含まれる青以外の色素があるなら、それらが青い光を利用している可能性は無いとは言えません。(青いスギノキが紫になった時の紫(赤)成分?)

結論としては、これらの事から青い個体は希有な存在と言えるでしょう。
ただ、青い光合成色素にとって青以外の光が必要なのは、もはや否定できないところです。
狩人さんが仰る「超浅場」こそ、青いスギノキに適した環境と言える、と僕は思いますよ。
深いと紫外線も届かないしね。(紫外線も青いスギノキの色揚げに一役あると考えてるので)


Tankさん、

あ。そう言えば最近のSCって、オプションで何か前面ガラスがありますね。
あれがUVカットなのかな。
魚を飼う事を思えば、UVカットの流布は無難なところなんでしょうけどね。

そう言えば当時のSCランプは、特に使用直後は雑巾でランプを拭いちゃうと簡単にUVコートが剥げると言われてました。今でも同じなのかも。

色素については、サンゴに特化した情報が欲しいですよねぇ。。。

いいね!3

25.[x] プロフィール狩人 Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 17:22

エイジさん

私の頭で理解できる範囲を超えてきました(笑)
早く直射日光タンクを作ってみますね

そこで青色のサンゴの青色が上がるのか、それとも茶色寄りになってしまうのか?

いいね!0

26.[x] Tetsuo Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 18:33

スギノキ特定でお話させていただきますと、
今回に関連している色素は


Chromoproteins-588です。


Chromoproteins-586です。

Chromoproteins-588は橙色の光、566-620nm、特に588nmを吸収します。

いいね!3

27.[x] だに Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 21:01

画像サムネイル
320x173 14.8KB
皆さん、どもども。
こよなくピンクとブルーのSPSを愛するアクアリストが来ました。
ついつい面白そうな話題なので超久々に書き込みに来ました。

SPSの色揚げってわからない事ばかりです。
基本的には水流、光、水と言いますが、光にもいろんなスペクトルが有ります。
単にUVと言ってもUV-A、UV-B、UV-Cが有り、それぞれ生体に与える影響も違います。
水質と言っても単に栄養塩からミネラル、水温も影響するし・・・・とにかく関係するパラメーター多すぎ!
ボディの色揚げと、成長点の色揚げと、ポリプの色揚げも原理が違うし、そもそも個体により色揚げの為の各パラメーターに対する依存度が全然違うんですよね。

詳しい理論はわかりませんので、自分の数少ない経験から書かせて頂きますと。

スーパーブルーのスギ(トゲスギも)
これは単純に超強力な光を当ててやれば結構色が揚がります。
スーパーブルーを飼育された方でしたらわかると思いますが、ほんと光の当たった所しか青になりません。
裏側や陰の部分は茶色になり、ブルーと茶色が混ざった所はパープルっぽい色になります。
さらに水質とか一致すればとんでもなくブルーになります。(写真ではこの青がうまく出ない)
とにかく自分の経験した中ではトップクラスの光量が必要です。
ですからブルー系よりも同じワット数で約4倍明るい10000Kあたりで皆さん良い結果を出しているんだと思います。
ブルーのメタハラでも多灯するとそれなりに揚がりますが、やはりスーパーブルーには白い光が似合います!
周囲が青いとミドリイシのブルーが目立たなくなるんですよね・・
ちなみに今まで見た一番綺麗なスーパーブルーのスギは250W 10000K直下でした。
これはまさに沖縄の超浅場の照度と一緒です。
で、スーパーブルーのスギがパープルになるのは光量不足か栄養塩過多で茶色が混ざったのだと思います。
スーリン所も必見
http://www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/acropora1a.htm

アイスブルーのスギはそこまでシビアでは無いと思います。
適度な光に栄養塩少なめだと光の当たらない部分まで綺麗になると思います。(他のパラメーターに問題無いとして)

ツツ系のブルーはスギとはちょい違い、光よりも水質に依存する部分が多いと思います。
自分的には一番難しいかも・・・
餌やりが多く、SPSの色が濃くなりがちな水槽では青を通り越してパープルになるし、低栄養塩水槽だとボディが白っぽくなるし・・
成長点は簡単に良い色になるのですが、ボディが良い色の条件はほんのピンポイントかと思われます。

あくまでもうちの水槽での経験ですので、よその水槽でも同じとは限りません。参考までにと。

>狩人さん
超原始的な感覚を書かれるのも良いのですが、全く裏付けの無い物をいろんなブログで確定的に書かれると情報が混乱する元になりますのでどうかなと思います。
あと水深5〜10mで青いミドリイシの種類がわかりますか? これも貴重なデータだと思います。




いいね!6

28.[x] プロフィール狩人 Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/9 23:48

だにさん

私が良く気付くのはスギ系ですね
その他もパラパラ 見かけますが 種別はさっぱり分かりません
綺麗な青いミドリイシを超浅場では見かけた事がありません
先端ブルー程度はよくありますが フルブルーは 明るいけれども日が青く見える程度の震度でしか見た事が無いです

逆に だにさん、どうですか
超浅場で綺麗なフルブルーを見かけた事はありますか?
非常に大切な事かと思いますので・・・・

>>情報が混乱する元になりますのでどうかなと思います。

確定的ではないので 超原始的な感覚だと伝えてるんですが
混乱しそうだと言う事で、気を付けるようにします

いいね!0

29.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/10 01:48

Tetsuoさん、
情報ありがとございます。
Chromoproteins、クロモプロテイン、、、検索しても色素的なお話に辿り着けません(汗)
英語は読めないので(汗)、できれば国内での何か文献は無いでしょうか?

だにやん、
情報ありがとございます。一からの解説に感謝です!
凄ぇ青いですなぁ〜。
詳しい理論が無くとも、実績を示せる良い例だと思います(笑)

狩人さん、
極端に言えば、枝サンゴが干潮で干上がるようなサンゴ礁でのシュノーケリングはご経験ありませんか?
深度で色温度の変化が始まるような「ダイビング」の話ばかりではありません。
昨年の僕の石垣遠征の場合でも、腰から肩程度の水深で延々と沖まで続く岩礁で、多くのミドリイシ群をシュノーケルで観察しましたが、真っ青なスギノキも見てきました。雪風さんやあやのさんもきっと見ていたと思います。
勿論、ダイビングのエントリー後まもないポイントや、多少視界が青みを帯びる水深でも、必要な光がある限り青いサンゴは見られます。

以下、浅場で青いサンゴが写ってると判断できそうなページを探してきました。
なるべく明らかなモノを前半に、後半は多分浅いだろうと言う写真が載ってます。
ただ、写りが良くないものもあるので、現物の色を推測するにはある程度の経験による想像力が必要かも。

http://aqua602.hp.infoseek.co.jp/Okinawa/Shiraho/shira01.htm
http://blog.livedoor.jp/umimarujapan/archives/50340418.html
http://umimaruja.exblog.jp/8577419/
http://sea.ap.teacup.com/puremarine/68.html
http://4travel.jp/traveler/marine-memory/pict/12546687/
http://www.organsha.net/tani-data/SMD1/SMD1.html
http://www.karuizawaclub.co.jp/ishigakijima/08sightseeing/taiken/08barasu/photo.html
http://happy.ap.teacup.com/wagou2006/135.html
http://yamangu.ti-da.net/e734809.html
http://blog.goo.ne.jp/rink0/e/234b9442ec548abfb2a98fce6102db91

最後に、狩人さんに意見がありましたが、とりあえず鞘に収めました。
次の出方を見て判断させていただきます。

いいね!4

30.[x] プロフィールタテジマキンチャクダイ狩人 Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/10 07:51

エイジさん

有るもんですね〜
驚きです

私がいう浅場というのは 干潮時に干上がるようなところを言ってましたが
この辺の画像は 確かに超浅場ですね
申し訳ありません、まだまだ経験不足でした


>最後に、狩人さんに意見がありましたが、とりあえず鞘に収めました。

良ければメールでも結構です送って頂けますか



いいね!1

31.[x] 削除 2009/8/10 08:53

削除 by ユーザー (8/24 12:34)

いいね!0

32.[x] 削除 2009/8/10 10:16

削除 by ユーザー (8/10 13:04)

いいね!0

33.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/10 13:04

狩人さん
これからもお気軽にブログへのコメントお願いします^^
嬉しい限りですから。
本当に奥が深いですよね。
私自身初めて知ることばかりでとても勉強になります。


Tankさん
>SCの前面のガラスは付けてます?
⇒ 付けてます。
  特に意識してなかったです^^;
  これってUVカットなんですかね?
>シープロの球はアクアブルー?
⇒ はい、アクアブルーです。
>シープロってUVカットガラスみたいなのは無し?
⇒ 特にないですね。メーカーもサンゴの成長に必要な量の紫外線は意識しているみたいです。
>アクアブルーとシエロコバルトブルー各々の色の変化の違いは?(感覚的な意見でいいです)
⇒ シエロの方が明るい(アクアブルーの方が青い)感じがしますね。


エイジさん
>以下、光合成色素について、勝手にまとめてみました
青いサンゴの画像、まとめありがとうございます!
じっくりと勉強させて頂きます。
> SCのディープブルーのスペクトルを見てみました。
まさにこのコメントは私がショップで教えてもらってた内容そのものです。
ディープブルーやネオンカラーは演色にすぎないと。。。
だから私は最初にマリンブルー、そしてまだ波長の種類があるアクアブルーどまりです。


Tetsuoさん
初めまして、いつもブログを拝見しております。
色素・・・深いですね^^;
これからも勉強させていただきます。


だにさん
お久しぶりです。
本当にSPSの色揚げってわからないことばかりですね。
>とにかく自分の経験した中ではトップクラスの光量が必要です。
やはりそうなのですね。
サンゴの素質、光の強度、波長、水質、水流が揃うと言うのが一番難しくもありますが
目指したいところですね。


>あやのさん
初めまして。
私も勉強させていただいておりますが
付いていくのに必死です^^;
本当に勉強になりますね!
私も石垣、宮古、座間味など数々の海行ってますが
最高ですよね!

いいね!0

34.[x] Tetsuo Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/10 22:41

エイジさん。

申し訳ありません。
手元には英文の資料しかありません。

調べてみたのですが、日本語では全く見つかりませんでした。
日本人が書いた論文もあるのですが…英語。苦笑。

いいね!0

35.[x] プロフィールスミレヤッコTank Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/10 23:03

まっすんさん、こんばんは。

>アクアブルーとシエロコバルトブルー各々の色の変化の違いは?(感覚的な意見でいいです)
⇒ シエロの方が明るい(アクアブルーの方が青い)感じがしますね。
質問の意味が判りにくくてすみません。生体の変化です。シエロのほうが○○になり易いとか・・アクアブルーの方がホニャララ(←プププ 古っ!)とか・・。

様々なパラメータがある中、ピンポイントに合わせる技量も無く、数値で裏づけ出来ない自分には皆さんの経験と自分の経験とを総合的に判断して結論付けることしかできません(T_T)
より多くシチュエーションに通用しそうな傾向を導き出したい次第です。

私もマリンブルー集光、アクアブルー集光、シエロコバルト集光の使用経験がありますが、次の交換時はどれにするかいつも迷います。
・・・結局はマリンブルーに回帰かな。

だにさん、はじめまして。
今日、○条のフジに行ったんで、ついでにとなりのペットショップに「だにさんいないかなぁ」って寄ったんですが、居ませんでした。半分冗談半分本気!

いいね!0

36.[x] プロフィールカクレクマノミまっすん Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/10 23:27

Tankさん
あ、そう言う意味でしたか^^;
すいませんっ!

あくまでも個人的な感覚でしかないですが、
【アクアブルー(散光)】 
グリーン系のミドリイシはよくグリーンに色揚がりする。
マリンブルー直下に居たホソエダは当初枝部分は褐色気味でしたがアクアブルーにしてからグリーンになりました。先端のピンクは変わらずです。

【シエロコバルト(散光)】
イエローグリーン(どちらかと言えば黄色)のミドリイシが鮮やかなグリーンになりました。
黄色を維持したかったんですが・・・。
ハナヤサイはちょっと濃い赤に変化したような気がします。
当初ピンク系にもこれが良いと聞いていたんですがピンクにはなってないような・・・。

ただうちでは900の右半分のみSPSで、そこにアクアブルー、シエロ、メインのシープロと
入り乱れているのでそれぞれ単独での効果ではないと思います。
ちなみに左半分のソフトエリアはマリンブルーです。

いいね!0

37.[x] プロフィールTAKA Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 01:59

Tetsuoさんが書かれている、CP-588が588nmを中心とした565-620nmのスペクトラムを吸収する、は一体に何を指すのでしょうか?そのレンジを吸収するから、そのレンジの光を当てると良いと言うことなのでしょうかね?CP-588と言ってもハイマツなどにもこのCPがあり、吸収するレンジは違います。まあ、中心は588nmですが。
CP-588が吸収するスペクトルレンジ565-620nmを多く与えると青色に影響あるとすれば、だにさんが仰っている浅場を再現する光が重要だと考えます。ただ、光量ではなく照明に含まれるスペクトルが重要だと考えます(間違っているかもしれませんが)。10000Kでも青みのあるものもありますし、20000Kでも白ぽいのもあります。私が使用しているRadium 20000KはPhoenix 14000Kよりも青みが少ない気がします。

因みに、青系のサンゴは浅場ではなく10m以深で全体の42%以上見られるようです。意外に超浅場には少ないのかもしれません。

いいね!2

38.[x] プロフィールTAKA Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 02:07

まっすんさんの質問に答えていませんでした。汗
カリウム濃度の測る試薬ですが、ZEOvitを販売しているKZ社から40ドルで販売されています。私もこれを使用しています。ただ、測定方法が難しいです。
http://zeovitusa.com/product.php?productid=16193&cat=251&page=1
あとは、FaunaMarinなどから販売されています。
必要なら送りますよ。

いいね!3

39.[x] だに Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 07:00

>意外に超浅場には少ないのかもしれません。
自分の書いたスーパーブルーのスギ個体に関しては、そもそも生存数が極端に少ないので浅場にも深場にも殆ど居ないと思います。(居る所には居るのかもしれませんが、良い青個体は流通量が少ないのが物語っていると思います)
普通のブルーも元々少ないですからね。
ツツ系に関しては元々中場のサンゴなので青色も中場に居るのかもしれません。

>今日、○条のフジに行ったんで
ええ!?こちらの方??

いいね!4

40.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 07:11

Tetsuoさん、
ありがとございました。やっぱり海外は進んでますね。
Tetsuoさんの翻訳お待ちしております(笑)

TAKAさん、
光合成色素が吸収する波長の光とは、光合成に利用できる波長と言うことです。
ただ、範囲とピーク、そして全てを光合成のみに生かしているとは限りません。
各色素の吸収帯は、上にも貼りましたが、このイメージが参考になりそうです。
http://cacao55.fc2web.com/clo1.5.jpg

但し、サンゴが宿す色素が単一であるとは限らないので、サンゴ主体で見ると、当然いくつかのレンジを持つと言えます。ま、文献によっても違いはありそうですが(汗)
そのため、例え青い色素を持つサンゴでも、他の色素でカバーできるなら、水深分布範囲も広がるでしょうね。逆に言えば同一固体でも、水深によって各色素の優越が決まり、色彩に影響するのでしょう。
但し、構造色として青いもの(光合成色素ではないもの)には注意が必要です。

Tetsoさんが書かれたChromoproteins-588は、青いフィコシアニン色素に非常に近い特性を持っているようですね。それより若干低めの波長域に推移していますが。
また、フィコシアニンをwikiると「青い色素で、赤い蛍光を発する」とあるので、C588も同様の性質があるなら、ブルースギノキもパープルに見えやすい性質があるのかも知れませんね。(実際、自然下でもそう言う風に見えていた気がしてきました)

実はC588等もフィコシアニンの一種なのかな?

いいね!0

41.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 07:16

だにやん、おはよございます。

一か八か沖縄行きますか?(汗)
雨が降ってもブルースギノキは逃げません♪
だにやんのおごりなら文句言わず着いていきます!

いいね!0

42.[x] プロフィールTAKA Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 07:50

だにさん、
スーパーブルーのスギを見たことないので何ともいえないのですが、そうでない個体がスーパーブルーになる可能性もあるんでしょうか?
因みに、青系のサンゴを抽象的に指しているので、ミドリイシとは限らないです。紛らわしくてすいません。

エイジさん、
光合成にできる波長をあてるのとその波長を当てるとサンゴの色が青くなるのとは別ですよね?それとも同じこと何でしょうか?
CP-588の特性は以下の画像が参考になると思います。確かにフィコシアニンに似ている気がします。
http://www.advancedaquarist.com/2007/7/aafeature1_album/Fig30.JPG
あと今気づいたのですがCP-588は蛍光色ではないようです。どう訳してよいか分かりませんが、英語では Non-fluorescent Chromoproteins。非蛍光たんぱく質?かな(そのままですけど)。

一度私のブログでも蛍光たんぱく質に付いて訳を書いていたのですが、分からないことが多すぎて挫折しました。
私が読んだのは以下のサイトです。Part9まであります。笑
http://www.advancedaquarist.com/2006/9/aafeature

いいね!2

43.[x] だに Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 08:22

さっきは時間切れでしたので続きをば。

上にも書いたように自分の知ってる限りでは青系ミドリイシに二通り有ります。
とにかく光量が必要なタイプ
これは光が当たった場所だけ色上がりするので判別出来ます。
青緑っぽいスギにも良く見られます。

もう一方は水質や波長が大きく影響するタイプ(光量もそれなりに必要ですが)

これらを一緒に論議するからややこしくなる訳ですね。
また浅場に青系が少ないから白色系の光が苦手と言うのも違うと思います。
そもそも青系は少ないですから。

>そうでない個体がスーパーブルーになる可能性もあるんでしょうか?
残念ながらもっと重要な要素は「素質」です。
健全な状態で褐色が青に化ける事は無いと思います。
普通の青でも素質がないとスーパーブルーにはならないと思います。

>青系のサンゴを抽象的に指しているので、ミドリイシとは限らないです。紛らわしくてすいません。
ああ・・・そりゃ色揚げの方法が全然違いますよ〜

いいね!4

44.[x] プロフィールTAKA Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 08:59

だにさん、
>また浅場に青系が少ないから白色系の光が苦手と言うのも違うと思います。
そういう風に解釈されましたか。特にそういったことを意図していません。それよりもCP-588が必要とする光は浅場にしか届かないので10000Kのような太陽光に近い光のほうがよいと書いたつもりでした。

いいね!0

45.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/11 11:53

TAKAさん、

> 光合成にできる波長をあてるのとその波長を当てるとサンゴの色が青くなるのとは別ですよね?それとも同じこと何でしょうか?

「サンゴの色が青くなる」の部分については、色素の働きの理解の次の段階として、サンゴが持つ各色素の分布(比率)や濃度(増減)についての考察が必要になってくるでしょうね。

1. サンゴ体内に共生する褐虫藻が持つ光合成色素のタイプ群 (だにやんが言う「素質」)
2. 〃 の褐虫藻の比率 (青:緑:赤=7:2:1 など)
3. 〃 の褐虫藻の濃度 (サンゴによる調整)
4. 〃 の褐虫藻の色素の有無 (白化フローが発生している場合)

全ての調整・制限・抑制などの制御は、環境に応じてサンゴがおこなっていると考えられます。

例えば「色揚げ」に焦点を当てた場合、仮に「橙色」の光のみ与えたとしますと、橙色を利用する青の色素が効率的な面でも優位に立つと思われます。これをトリガとしてサンゴが各色素の成績から人事異動を行い、より青の舞台となると考えられます。(残りの色素が消滅するかどうか判りませんが、色素の働きは光合成だけではないので、アンテナ、対活性酸素、余剰熱変換など、必要要員の滞在も考えられます。このスレの上の方で書きました)

ただ、現実的には「橙色のみ」を与えて青くなっても、演色(環境光)自体が橙色では、せっかく青くなったサンゴを青く鑑賞することができません(苦笑)
勿論、自然下ではそのような連続的な光環境はないので、あくまでも理屈として捉えてください。

でも、青い光だけを与えた場合の推測は、実際の海中の状態として理解することができますね。
青い光(少し広くとって紫〜水色)を利用する色素であれば、一般的なクロロフィルやカロテン系の赤系の光合成色素などが考えられます。水深が深くなればなるほど、より存在比率は顕著になるでしょうね。

以上を総合すると、真っ青なサンゴほど浅場に生存し、深場では生存しづらいと言えると思います。

浅場では、いろんな波長が混ざり合っています。青以外の色素も当然活発です。
その後どのように比率や濃度が決まっていくのか、そこでさらに水質や素質のような面が影響してくるのでしょう。

念のためこれらの推測は現在知り得るデータから文章にまとめただけの理屈です。あしからず♪

いいね!6

46.[x] プロフィールスミレヤッコTank Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/13 01:47

だにさん、こんばんは。
ご返事が遅れてすみません。

>今日、○条のフジに行ったんで
>>ええ!?こちらの方??

「海と田んぼの町」に住んでいます。これで判りますよね。

ローカルネタですみません。

いいね!0

47.[x] プロフィールTAKA Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/13 07:17

エイジさん、
少し整理しきれていません。

真っ青なサンゴは、「橙色」の光を光合成に主に使用するので、その光を含んでいる浅場に多い。逆に、「橙色」の光が届かない深場には真っ青なサンゴは少ない。この理解でよいのでしょうか?
スハルノやシンプレックスなどの深場のサンゴに、浅場のサンゴと同じような光を当てた場合、かなり色あいが変わったりしますよね?これは、光により褐虫藻の比率が変わったと考えたらよいのでしょうか?

だにさんが仰る「素質」の見極めは難しいですよね。これは経験に頼るしかないのでしょうかね?購入したときに茶色だったサンゴが家の水槽では紫になったことがあります。また、緑だったコモンサンゴも紫になったことがあります。元々きれいなサンゴも他の色に変わっていくことが多いです。
光だけが原因とは思えないですが、やはり主原因は光でしょうかね?

いいね!0

48.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/13 09:39

TAKAさん、

> 真っ青なサンゴは、「橙色」の光を光合成に主に使用するので、その光を含んでいる浅場に多い。逆に、「橙色」の光が届かない深場には真っ青なサンゴは少ない。この理解でよいのでしょうか?

その理解で良いと思います。
また、仮に青いサンゴが水深的下降を行った場合も、もはや青色でいられなくなるとも言えますね。

> スハルノやシンプレックスなどの深場のサンゴに、浅場のサンゴと同じような光を当てた場合、かなり色あいが変わったりしますよね?これは、光により褐虫藻の比率が変わったと考えたらよいのでしょうか?

深場系はあまり飼ったことがないので判りませんが、その要素は非常に強いと思います。

> だにさんが仰る「素質」の見極めは難しいですよね。これは経験に頼るしかないのでしょうかね?

趣味の醍醐味ですね。僅かに青が入っている個体を買って、それを真っ青に出来たら面白いです。
と言うか、それは十分に可能性があると思います。あとは素質に合わせた水質的な制御でしょうか。

> 光だけが原因とは思えないですが、やはり主原因は光でしょうかね?

結局のところ、良く判らない部分を「素質」と言う言葉に託している感はありますね(汗)
細かな点については、栄養塩、微量元素など、渇虫藻の活動に関わる要因は勿論あって、それが最終的な仕上がりに影響するのは間違いのないところでしょう。
ただ、サンゴの基本となる「色彩」の部分を司っているのは「色素」に間違いのないところで、それらは利用する「光」によって必然的に優劣が決定してくるのも間違いないでしょう。
何より「光合成色素」な訳ですから、光無しでは実現不可能です。水質はその次です。

いいね!4

49.[x] だに Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/13 12:50

>また、仮に青いサンゴが水深的下降を行った場合も、もはや青色でいられなくなるとも言えますね。
青の光しか届かない所で青色を反射してしまえば何も残らないですもんね。
だからと言って青色照射で青色にならないという話と違いますが・・

>やはり主原因は光でしょうかね?
特に蛍光系は紫外線〜近紫外線を利用可能な可視光線に変換して利用する性質から、紫外線の波長にはうるさいでしょうね。うまく波長が合わないと変換出来ませんから・・
蛍光LPSなんて特に波長に依存する所が多いと思います。

そう言いながら、うちは同じ照明なのにグリーンのミドリイシが黄色になったり緑になったりしてますが・・・難しい。

>「海と田んぼの町」に住んでいます。これで判りますよね。
わたしゃその隣の町で働いています。
9月にオフ会やるんで、参加希望でしたらうちへメール下さい。とこの場をお借りして。

いいね!4

50.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 教えてください、青系ミドリイシ 2009/8/13 15:14

だにやん、

> だからと言って青色照射で青色にならないという話と違いますが・・

青い光環境下での青いサンゴの生き残る道として、僅かに持つ他の色素をうまく発動させるか、新たに他の色素を獲得するか、いずれにしてもその場合、青以外の色彩のウェイトが大きくなっていきます。
イコール、青でいられなくなる、です。

いいね!4


レスが50件を超えたので次のスレッドをお願いね、エイジさん( ̄ー ̄)


ブックマーク




0.26 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説