BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題



質問・悩み > 同化型硝酸還元について

ページビュー (70065)

23.[x] プロフィールTAKA Re: 同化型硝酸還元について 2008/10/2 07:33

連続の書き込みすいません。
LSMの硫黄メディアについて、Carib Seaの説明を簡単に書いておきます。(メーカの言うことなので100%信頼できないかもしれませんが。)

硫黄メディアの上に湧く?autotrophicバクテリアは、硫黄メディアを消費するときに酸素、若しくは硝酸塩が必要である。リアクター内の流量をゆっくりにすることにより、リアクターの下のほうで酸素は消費され酸欠状態になります(←要するに嫌気状態?)。よって、リアクター上位の硫黄メディアは硝酸塩を使用して硫黄メディアを消費します。autotrophicバクテリアは、最終的に窒素を排出します。
リアクターが完全に立ち上がるまでは、流量は1g/hr以下がよく。立ち上がり後は、リアクター内の流量は1g/hrから5g/hrがよいようです。
基本的に、ダブルチャンバー式のリアクターを使用し、1stステージに硫黄メディア、2ndステージにCaメディアを使用することを推奨しています。理由は、1stステージで下がったpHを2ndステージであげるためです。原理は、ご存知のとおりです。
リアクターの容量は、硝酸塩濃度が50mg/gなら総水量の1%。それ以上の硝酸塩濃度なら2%を推奨しています。

読んだ感じ、結構な排水量があってもバクテリアが酸素を沢山消費するために嫌気状態になるようですね。1g/hrだと狩人さんのHPにのってる嫌気層からの排水量。5g/hrだとうちと同じくらいかな。

いいね!0



レスが50件を超えたので次のスレッドをお願いね、TAKAさん( ̄ー ̄)


ブックマーク




0.05 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 金沢地裁の判決は、移送申立を却下!