BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題



質問・悩み > 同化型硝酸還元について

ページビュー (70072)

11.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 同化型硝酸還元について 2008/10/1 02:06

TAKAさん、

5滴/秒ですと、数時間程度でカラム内の水量が一周しませんか?
リアクターの容量は何リットルでしょう?
それですと、硫黄脱窒に限らず、通常の脱窒にも必要な酸化還元電位まで下がらないように思います。
通常の脱窒に必要な還元レベルはORPで約0〜-50mV、硫酸還元で約-50mV〜-200mV、となります。
また、硫黄脱窒については、販売元?では好気環境下に於いても実現されるようにありましたが、僕はやはり嫌気環境が必要じゃないかと思っています。せめて通常の脱窒レベルかな?
仮に僅かでも好気環境で起こるとしても、やはり嫌気環境でよりエンジンが掛かるとすれば、効率的に見ても好気環境で運転するメリットがありません。
と言うことで、もし不安であれば、先に流量の調整方法も含め、あきさんのように色々と実験してみると良いと思います。
その際、可能であれば、一時的でも良いので、調整によりどれくらいORPが変化するのかも見れたら良いと思います。(負の値の見られるORPモニターが必要ですけど)
せめてカラムが透明なら、内部の砂の変色を頼りに調整も出来るんですけどね。
あと、TAKAさんのリアクターは天地で内部循環してますよね? と言うことは、内部循環もかなり抑えないと還元状態まで達しないように思います。(基本的に目に見えて循環しているレベルでは還元環境には届かない。よほど排出量が絞り込まれていれば別ですが)
ただ、これらが全て僕の勘違いで、やはり好気環境下でも硫黄脱膣は起こるということでしたら、この限りではありません。今のままで良いかも知れません。
実験あるのみ、かな?(汗)

あと、今試されている好気的テスト(排出量アップ)は、将来的に起こりうる(製品に潜む)現象を知っておく上でのテストですか?
あまり無理に規格外のテストをする必要もないと思いますけど。環境値をいじれば、どんな現象にもなりうるでしょうし。。。
カルシウムリアクターだって、究極に排出量を絞れば、中は還元になりますからね。

狩人さん、

上のリンク先、ためになりました。良い復習になりました。
また、通常言われる脱窒の反応は、硝酸→窒素という風に直で変換されると言う認識で良いと思います。(硝酸呼吸により硝酸が骨抜き→窒素)
コレとは別の硝酸還元の中には、おっしゃるような段階的な還元も存在しています。(同化型硝酸還元含む)

いいね!0



レスが50件を超えたので次のスレッドをお願いね、TAKAさん( ̄ー ̄)


ブックマーク




0.07 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 金沢地裁の判決は、移送申立を却下!