BBSちゃんぷる - 海水魚とサンゴ飼育の話題



質問・悩み > 同化型硝酸還元について

ページビュー (70000)

6.[x] プロフィール管理者エイジ Re: 同化型硝酸還元について 2008/9/30 17:08

ところで、リアクターの循環ですが、これはやはり還元のためにかなり流速は抑えてあるのですよね?
内部のORPとかは見てますか? 多分、-50mV〜-200mVの範囲ですよね?

仮に、あくまでも嫌気的であり、且つ硫酸還元の起こらない範囲での制御があるという前提ですと、一般に好気的環境で行われる同化型硝酸還元はほぼ無いと考えて、あとは通性嫌気性細菌による通常の脱窒と、メディアによる硫黄脱窒がメインですよね。(そう言えば硫黄脱膣に必要なORPレベルが判らないけど)

で、「急に好気状態になったとき」を想定してみると、多分ですが、この中にアンモニアや亜硝酸は無いだろうと思います。(細かなレベルでは一部のバクテリアの反応によりあるかもですが)
判らないのは、硫黄脱窒自体にその行程があるのかどうかという部分かしら。多分、硝酸から直で窒素だと思うので、それなら大丈夫だとは思いますけど。

また、「急に好気状態になったとき」が長く続いた場合、それまで還元で働いていた通性嫌気性細菌は好気的な反応に切り替わるため、硝化が起こります。ここでもしアンモニアや亜硝酸があったなら、もちろんそれは硝化の対象ですから、少しずつ硝酸まで酸化されていくでしょうね。
でも大きく解放されている場合は、それを待たずして水槽へ戻っていきそうです。

きっと化学式の判る方なら、即答していただけるのかな(汗)

いいね!0



レスが50件を超えたので次のスレッドをお願いね、TAKAさん( ̄ー ̄)


ブックマーク




0.05 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 金沢地裁の判決は、移送申立を却下!