海を創るには



6500K の検索結果リスト (4件と一致)

1: 6500K / ろくせんごひゃくけるびん
色温度の事で、6500ケルビンと読みます。一般的にメタハラと呼ばれる照明機器の球の種類を指して使います。6500Kが黄色っぽい温かな色合いに対して、10000Kは白く爽やかな色合いです。
2: スペクトル / すぺくとる
光に含まれる波長を周波数ごとに並べたもの。メタハラなどのスペクトル分布と言う表現で用いられる。太陽光はほぼ全域均一に広がっているのに対して、人工照明であるメタハラスペクトル分布は、球によっても違うが波長ごとにその強さにバラツキがある。6500K球のスペクトル分布が一番なめらかで太陽光に近いとされている。
3: ケルビン / けるびん
色温度の単位で、単位は(K:ケルビン)を用いる。10000K6500Kなど。
4: 10000K / いちまんけるびん
色温度の事で、10000ケルビンと読みます。一般的にメタハラと呼ばれる照明機器の球の種類を指して使います。6500Kが黄色っぽい温かな色合いに対して、10000Kは白く爽やかな色合いです。

海水単語辞書のトップへ



0.27 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説