海を創るには



色温度 の検索結果リスト (4件と一致)

1: 色温度 / いろおんど
光の色を温度で表した物で、単位は(K:ケルビン)を用いる。この値が高いほど見た目の色は青くなり、また値が低くなると赤っぽい色となる。晴天時の太陽光で約5000〜6000K、この時の青く澄み渡った空の部分で約10000〜20000Kにもなります。
2: ケルビン / けるびん
色温度の単位で、単位は(K:ケルビン)を用いる。10000K6500Kなど。
3: 6500K / ろくせんごひゃくけるびん
色温度の事で、6500ケルビンと読みます。一般的にメタハラと呼ばれる照明機器の球の種類を指して使います。6500Kが黄色っぽい温かな色合いに対して、10000Kは白く爽やかな色合いです。
4: 10000K / いちまんけるびん
色温度の事で、10000ケルビンと読みます。一般的にメタハラと呼ばれる照明機器の球の種類を指して使います。6500Kが黄色っぽい温かな色合いに対して、10000Kは白く爽やかな色合いです。

海水単語辞書のトップへ



0.28 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 第1回公判 7/6 10:00 204号法廷