海を創るには



硝酸塩 の検索結果リスト (17件と一致)

1: 硝酸塩 / しょうさんえん
硝化バクテリアによって亜硝酸が分解されたときに出来る物質。比較的魚には無害だが、あまりにも蓄積されると害があります。また、造礁サンゴなどを飼育する上では極力ゼロにしたい物質です。
生物濾過を使用した水槽では蓄積の一途を辿るため、定期的に換水を行うことで、これらを排除する。ベルリン水槽などのナチュラルシステムでは還元作用により脱窒され、水槽は常に硝酸塩が低い状態で保たれます。
2: 貧栄養化 / ひんえいようか
ナチュラルシステムに於いては、硝酸塩リン酸塩などの栄養塩類を極力排除し、水質を珊瑚礁並みに綺麗に維持する事。給餌を伴う収容生物としての魚やサンゴがいる場合、これらはなかなか難しい。と言うか普通の感覚で魚を入れてたらまず無理に近いでしょうね。
3: 反硝化 / はんしょうか
硝酸還元の事で、硝酸還元バクテリアが有機物を酸化させる際に硝酸塩還元窒素に帰す事。通常は酸化還元電位が-50mV〜-200mVとなる環境下で行われ、主にライブロックライブサンドがその役目を果たす。従来濾過でのデニボールは、これを砂中に埋没させる事により、硝酸還元バクテリアがこれを酸化させる酸素を硝酸塩から得る事で、硝酸塩窒素となって放出されるという流れ。
4: 窒素 / ちっそ
窒素ガスの事で、空気の約80%を占める気体です。通常、窒素N2で表されますが、水槽の中にも様々な形で存在しています。それが、アンモニアNH3)、亜硝酸NO2)、硝酸塩NO3)などです。ライブロックライブサンドによる硝酸還元脱窒)によってこれらは窒素に戻されます。
5: 脱窒 / だつちつ
硝酸還元バクテリアが有機物を酸化させる際に硝酸塩還元窒素に帰す事。通常は酸化還元電位が-50mV〜-200mVとなる環境下で行われ、主にライブロックライブサンドがその役目を果たす。従来濾過でのデニボールは、これを砂中に埋没させる事により、硝酸還元バクテリアがこれを酸化させる酸素を硝酸塩から得る事で、硝酸塩窒素となって放出されるという流れ。
6: 硝酸態窒素 / しょうさんたいちっそ
硝酸態窒素とは、硝酸イオン(NO3-)のように酸化窒素の形で存在する窒素のことを言い、硝酸塩に含まれている窒素の事を指します。硝酸と硝酸態窒素の関係は、NO3=4.4×NO3-N
7: 硝酸還元 / しょうさんかんげん
硝酸還元バクテリアが有機物を酸化させる際に硝酸塩還元窒素に帰す事。このバクテリアは通性嫌気バクテリアであるため、酸素があると硝化バクテリアとして働きますが、硝酸還元バクテリアとして働くためには、通常は酸化還元電位が-50mV〜-200mVとなる環境下で行われ、主にライブロックライブサンドがその役目を果たします。従来濾過でのデニボールは、これを砂中に埋没させる事により、硝酸還元バクテリアがこれを酸化させる酸素を硝酸塩から得る事で、硝酸塩窒素となって放出されるという流れ。
8: 硝化 / しょうか
好気性バクテリアアンモニア亜硝酸酸化させて硝酸塩に分解する反応の事で、昔から利用されてきた濾過方法の原理です。当然、硝酸塩が最終的に増加・蓄積していくので、定期的な換水によって排除します。また、これと相対する反応が還元です。
9: 従来濾過 / じゅうらいろか
昔ながらの好気性バクテリアのみによる生物濾過方法の事です。タンパク質から始まり、アンモニア亜硝酸硝酸塩までの分解行程を行わせる水質浄化方法です。最終的に蓄積する硝酸塩を定期的な換水によって排除していきます。また、デニボールの投入などによる硝酸還元をうまく利用すれば、硝酸塩濃度は比較的低く維持する事も可能です。
10: 試薬 / しやく
水槽内の海水の水質を測定する薬品の事。硝酸塩リン酸塩など各種試薬によって測定出来ます。
11: 好気性バクテリア / こうきせいばくてりあ
活動する際に、酸素が必要かまたは利用可能なバクテリアです。絶対に酸素が必要な偏性好気バクテリアや好気的にも嫌気的にも活動出来る通性嫌気バクテリアなどがいます。殆どの場合、水槽内で働く好気性バクテリアとは後者の方で、水槽内の各環境に応じて性質を変えて存在しています。酸素が存在する環境下では酸化による無機窒素硝化、酸素の無い環境では還元による硝酸塩脱窒を行っている訳です。
12: 亜硝酸 / あしょうさん
アンモニアが分解されてできる物質。主に水槽の立ち上げ時に見られるが、硝酸塩へ分解するニトロバクター属などのバクテリアが繁殖し始めれば徐々に減少する。
13: ヒゲゴケ / ひげごけ
緑色の長く柔らかいとろろ昆布のような藻で、主に硝酸塩が原因と言われます。しかし比較的貧栄養環境でもこの苔は繁殖可能で、これらの蔓延を招かないためにもライブロックライブサンドなど、プランクトンなどを意識して生物層を単純化させないように心がけましょう。勿論、ヤドカリシッタカ、ギンポなどの苔掃除担当も効果的で、直接は食べなくても日頃からの磨き掃除によって苔の生える暇を与えない事も重要です。
14: NO3-N / えぬおーすりーえぬ
硝酸態窒素の化学式。硝酸を硝酸態窒素で表すと、NO3=4.4×NO3-Nとなる。
硝酸塩を測定する試薬によっては、測定値がこの硝酸態窒素で表されている場合があるので、その際は結果に4.4を掛ける事で硝酸塩濃度を割り出します。
15: NO3 / えぬおーすりー
硝酸塩の化学式。生物濾過を使用した水槽では最終的に蓄積される物質。定期的に換水を行うことで、これらは排除される。ベルリン水槽などのナチュラルシステムでは還元作用により脱窒され、水槽は常に硝酸塩が低い状態で保たれます。
16: NO2 / えぬおーつー
亜硝酸の化学式。アンモニアが分解されてできる物質。主に水槽の立ち上げ時に見られるが、硝酸塩へ分解するバクテリアが繁殖し始めれば徐々に現象する。
17: N2 / えぬつー
窒素の化学式。水槽内でもうまく還元が行われれば、還元バクテリア脱窒によって硝酸塩窒素として放出される。

海水単語辞書のトップへ



0.41 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説