海を創るには



石灰藻 の検索結果リスト (3件と一致)

1: 石灰藻 / せっかいそう
ライブロックを綺麗に彩る赤や紫の石灰質の藻類で、サンゴ同様リン酸の少ない水質に於いて、重炭酸イオンを利用し細胞の外側に炭酸カルシウムの殻を形成していくため、適度なKHカルシウムが必要となります。
2: ライブロック / らいぶろっく
生きた岩です。珊瑚礁に点在する石灰藻に覆われた天然の岩の事で、様々な付着生物の住処となっており、表面や内部に生息する各種バクテリアによる水質浄化機能を持つ。ナチュラルシステムには必要不可欠の存在であり、これ無くしてはナチュラルシステムは成り立たない。ライブサンドのみで構成するシステムも可能ではあるが、一般的に収容するサンゴの配置基盤ともなるので、まず入れない事は無いでしょう。
3: KH / けーえっち
炭酸塩硬度の事で、単位はdKH炭酸塩硬度とは、海水中に含まれる重炭酸イオンの量を表す。マリンアクアリウムに於いての一般的な適正値は6〜8dKH。通常この値が低いとpHの昼夜変動幅が大きくなり、またサンゴや石灰藻の石灰化が阻害される。逆に高すぎると藻やコケの繁殖を招きます。試薬にて測定可能。

海水単語辞書のトップへ



0.26 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説