海を創るには



ライブサンド の検索結果リスト (10件と一致)

1: ライブサンド / らいぶさんど
生きた砂です。珊瑚礁に広がるサンゴ砂を、バクテリアなど付着したままの状態で採取したもの。ナチュラルシステムでも底砂として用い、ある程度の厚さで敷く事により表層の硝化作用と表層下部での還元作用を実現させます。勿論これらの実現には、底棲生物による効果的な砂の撹拌が必要不可欠で、デトリタスの処理・運搬やコケの定着抑制にもなる。
2: 反硝化 / はんしょうか
硝酸還元の事で、硝酸還元バクテリアが有機物を酸化させる際に硝酸塩還元窒素に帰す事。通常は酸化還元電位が-50mV〜-200mVとなる環境下で行われ、主にライブロックライブサンドがその役目を果たす。従来濾過でのデニボールは、これを砂中に埋没させる事により、硝酸還元バクテリアがこれを酸化させる酸素を硝酸塩から得る事で、硝酸塩窒素となって放出されるという流れ。
3: 白濁 / はくだく
海水が白く濁る事。底砂を極端に撹拌したり、カルクワッサーを急激に添加したり、生体の死骸が腐敗したりなど色々と原因は考えられます。また、水槽の立ち上げの段階では、最初の海水注入時やライブロック、底砂など収容時に海水は少なからず濁ります。スキマーによる除去、時間経過による沈殿、ライブロックなどのバクテリアによる分解など、徐々に濁りは取れてきます。特に底砂にライブサンドを用いた場合、これらの分解はとても早く、スムーズに海水は透き通ってきます。
4: 窒素 / ちっそ
窒素ガスの事で、空気の約80%を占める気体です。通常、窒素N2で表されますが、水槽の中にも様々な形で存在しています。それが、アンモニアNH3)、亜硝酸NO2)、硝酸塩NO3)などです。ライブロックライブサンドによる硝酸還元脱窒)によってこれらは窒素に戻されます。
5: 脱窒 / だつちつ
硝酸還元バクテリアが有機物を酸化させる際に硝酸塩還元窒素に帰す事。通常は酸化還元電位が-50mV〜-200mVとなる環境下で行われ、主にライブロックライブサンドがその役目を果たす。従来濾過でのデニボールは、これを砂中に埋没させる事により、硝酸還元バクテリアがこれを酸化させる酸素を硝酸塩から得る事で、硝酸塩窒素となって放出されるという流れ。
6: 硝酸還元 / しょうさんかんげん
硝酸還元バクテリアが有機物を酸化させる際に硝酸塩還元窒素に帰す事。このバクテリアは通性嫌気バクテリアであるため、酸素があると硝化バクテリアとして働きますが、硝酸還元バクテリアとして働くためには、通常は酸化還元電位が-50mV〜-200mVとなる環境下で行われ、主にライブロックライブサンドがその役目を果たします。従来濾過でのデニボールは、これを砂中に埋没させる事により、硝酸還元バクテリアがこれを酸化させる酸素を硝酸塩から得る事で、硝酸塩窒素となって放出されるという流れ。
7: ライブロック / らいぶろっく
生きた岩です。珊瑚礁に点在する石灰藻に覆われた天然の岩の事で、様々な付着生物の住処となっており、表面や内部に生息する各種バクテリアによる水質浄化機能を持つ。ナチュラルシステムには必要不可欠の存在であり、これ無くしてはナチュラルシステムは成り立たない。ライブサンドのみで構成するシステムも可能ではあるが、一般的に収容するサンゴの配置基盤ともなるので、まず入れない事は無いでしょう。
8: ベルリン式 / べるりんしき
ナチュラルシステムの1つで、基本は上質のライブロックライブサンドメタハラを用いた強化照明、複雑且つ強力な水流をベースとし、強力なスキマーの設置によるタンパク質等の除去、カルクワッサー滴下もしくはカルシウムリアクター設置によるカルシウムの供給、欠乏していく微量元素の積極的な補給などによってサンゴに必要な水質を維持していく。さらに効果的な導入要因として、シッタカヤドカリ、ギンポなどによるコケの駆除や、底砂の撹拌を目的としたナマコ、ハゼ、ゴカイなどのベントス生物が挙げられます。
9: プランクトンパック / ぷらんくとんぱっく
天然の珊瑚礁に広がるサンゴ砂から微生物類のみを海水ごと抽出したものの事です。主に石垣のC.P.Farmが採取・販売しています。水槽内の生物層単純化防止の意味で、これらの補充として用います。勿論、ライブサンドにも砂をコーティングした状態で各種バクテリアが付着していますが、ゴカイ類やプランクトンなどの大型生物の補充にはプランクトンパックには敵いません。特にナチュラル水槽の立ち上げ時には、ライブロックライブサンドプランクトンパックの3点セットを用いれば最高の立ち上がりを見せる事となるでしょう。
10: ヒゲゴケ / ひげごけ
緑色の長く柔らかいとろろ昆布のような藻で、主に硝酸塩が原因と言われます。しかし比較的貧栄養環境でもこの苔は繁殖可能で、これらの蔓延を招かないためにもライブロックライブサンドなど、プランクトンなどを意識して生物層を単純化させないように心がけましょう。勿論、ヤドカリシッタカ、ギンポなどの苔掃除担当も効果的で、直接は食べなくても日頃からの磨き掃除によって苔の生える暇を与えない事も重要です。

海水単語辞書のトップへ



0.33 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説