海を創るには



ヤドカリ の検索結果リスト (6件と一致)

1: ヤドカリ / やどかり
海辺に住む甲穀類の仲間で、カニが貝殻を背負ったような生き物です。成長に伴って脱皮を行い、また貝殻を大きい物に取り替えていきます。陸に住むオカヤドカリと言う種もいます。
2: 甲殻類 / こうかくるい
エビやカニ、ヤドカリなどの節足動物の事で、非常に多くの種類がいます。体は固い殻に覆われ、脱皮を行う事で大きくなっていく生き物です。
3: レイアウト / れいあうと
水槽内の風景作りの事で、自然なムードを醸し出すのはとても難しい・・・。是非ともヤドカリパークは造りたいもの。
4: ベルリン式 / べるりんしき
ナチュラルシステムの1つで、基本は上質のライブロックライブサンドメタハラを用いた強化照明、複雑且つ強力な水流をベースとし、強力なスキマーの設置によるタンパク質等の除去、カルクワッサー滴下もしくはカルシウムリアクター設置によるカルシウムの供給、欠乏していく微量元素の積極的な補給などによってサンゴに必要な水質を維持していく。さらに効果的な導入要因として、シッタカヤドカリ、ギンポなどによるコケの駆除や、底砂の撹拌を目的としたナマコ、ハゼ、ゴカイなどのベントス生物が挙げられます。
5: ヒゲゴケ / ひげごけ
緑色の長く柔らかいとろろ昆布のような藻で、主に硝酸塩が原因と言われます。しかし比較的貧栄養環境でもこの苔は繁殖可能で、これらの蔓延を招かないためにもライブロックライブサンドなど、プランクトンなどを意識して生物層を単純化させないように心がけましょう。勿論、ヤドカリシッタカ、ギンポなどの苔掃除担当も効果的で、直接は食べなくても日頃からの磨き掃除によって苔の生える暇を与えない事も重要です。
6: ゾエア / ぞえあ
カニやエビなどの幼生の事。その時期や種類によっても呼称は違い、ノープリウスメガロパ、ミシスなど様々である。マリンアクアリウム水槽でも、エビやカニ、ヤドカリなどの放仔は結構頻繁にあり、夜な夜な魚たちが大喜びで摂取しています。これらによる摂取や、ゾエアの餌となるものが水槽内に無いため、この子供たちが育つ事はありません。

海水単語辞書のトップへ



0.27 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 金沢地裁の判決は、移送申立を却下!