海を創るには



マグネシウム の検索結果リスト (4件と一致)

1: マグネシウム / まぐねしうむ
サンゴの成長に必要な生物で、珊瑚礁には通常1200ppm程度の濃度で存在します。微量元素添加剤で補給するのが一般的です。
2: 微量元素 / びりょうげんそ
特にサンゴ飼育に於いては、欠かす事の出来ない海水成分。マグネシウムストロンチウムヨウ素、ビタミンなど、サンゴが成長に必要とする成分はかなり多い。これらはサンゴが消費する事の他に、スキマーで濾し取られたり、光によって分解されてしまうものもあり、継続して維持する事が非常に困難である。自動供給装置もあるがメッチャ高価である。なるべくこまめに入れましょう。
3: PO4 / ぴーおーふぉー
リン酸塩の化学式。マリンアクアリウム特にナチュラルシステムに於いては、ほぼゼロとなるのが望ましい。一般的にこの値が0.2〜0.4ppmを越えるとミドリイシの成長が阻害されると言われる。仮に平均値が低くても水槽内の淀み部分には高濃度で蓄積される事があり、このような場合その部分を覆うように藍藻シアノバクテリア)が蔓延る事もあるが、大抵はリン酸を消費し尽くした後自然と消滅していくようです。または硫酸マグネシウムでこれらを効果的に除去出来るらしく、その手の製品もある。
一般的な方法としては、プロテインスキマーなどがあればカルクワッサーの添加によりリン酸カルシウムとして回収が可能である。
4: Mg / まぐねしうむ
マグネシウム/magnesiumの元素記号。生体に必要なミネラルの1つで、微量元素添加剤での補給が一般的。通常、珊瑚礁では1200ppm前後。

海水単語辞書のトップへ



0.24 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 第1回公判 7/6 10:00 204号法廷