海を創るには



オーバーフロー の検索結果リスト (5件と一致)

1: オーバーフロー / おーばーふろー
水槽の水をサンプや予備槽へ落とすための仕組みの1つで、一番確実で簡単な原理です。水槽の底に穴を開け、水面位置となる高さのパイプを取り付けると、水槽に揚水した水は直に溢れる事無くパイプからフローして水槽の下へ流れていきます。サイフォンの原理を利用した方法もありますが、こちらはサイフォン内にエアをかんでしまうと動作が止まってしまうため、水槽から水が溢れてしまいます。エア抜き構造を持たせる事で信頼性が向上しますが、あまり完璧ではないようです。
2: サイフォン / さいふぉん
真空状態の空間を水が流れた際に、空間の入り口が水中にあり且つ出口の高低差が入り口より低い場合に於いては、例え空間の途中一部が入り口位置より高さが増しても、水は出口の水に引っ張られて流れ続けると言う性質。または、真空状態の空間で繋がれた2つの水の水位は、常に同じ高さを保とうとそれぞれに移動しあう性質。この性質を利用したオーバーフローBOXを用いると、水槽に穴を空けずにオーバーフローが行える。但し、エアがかんで真空が保てなくなった場合サイフォンは止まってしまうため、万一のエア混入時に備えてエアを吸い出す仕組みの用意が必要である。
3: コーナーBOX / こーなーぼっくす
水槽の角に設けられたオーバーフロー管や揚水パイプをまとめて隠す構造にしたもので、主に景観を良くするために作られたものです。また、BOXのスリットを通して水がオーバーフローする事で、生体を巻き込む事故も防止出来ます。
4: VU40、VU50... / ぶいゆー
塩ビパイプの種類。主に肉薄の大径サイズのもの。水槽配管のオーバーフロー管などに用いる。この隣の数字は内径(mm)を表す。
5: Refugium / りふじうむ
「Refuge:避難」が語源で、マリンアクアリウムに於いては、メイン水槽とうまく連結させサンドを敷き詰めたサブタンクを設置し、エビやカニを隔離飼育する事で繁殖を促し、プランクトンを発生・維持する事で、メインタンク内のサンゴに安定供給しようと言うもの。性質上、このリフジウムからメインタンクへのリターンにはポンプ等は使用出来ないため、サイフォンオーバーフローなど工夫が必要である。

海水単語辞書のトップへ



0.25 sec

コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説

2ch訴訟 最新情報! 第1回公判 7/6 10:00 204号法廷