ヤドカリパーク



超ヤドカリ図鑑


ホンヤドカリ科/Paguridae


カンザシヤドカリ属/Paguritta Melin, 1939


ニシキカンザシヤドカリ/Paguritta gracilipes Melin, 1939

画像 画像 特大画像&印刷支援

カンザシヤドカリの仲間は他のヤドカリとは異なり、腹部が真っ直ぐで、ねじれていないと言う特徴があります。この事からも、一般的な巻き貝よりもカンザシゴカイの石灰管のように真っ直ぐな巣穴が適していることが判ります。そのため、造礁サンゴのコロニーに点在するイバラカンザシに混じってカンザシヤドカリも良く見られます。また、移動できなくても効率良く餌が摂取できるように、プランクトン等の浮遊物を捉えるのに適した羽毛状の第二触角が大きく発達しているのも特徴的です。
写真はいずれも高知産のもの。


カンザシヤドカリ/Paguritta vittata Komai & Nishi, 1996

画像 画像 特大画像&印刷支援

同属のニシキカンザシヤドカリの方を先に見ていて、本種は本土ではこれまで見かけることがありませんでした(気づかなかっただけかも)。今回、2008/09の石垣遠征にて、ようやく観察することが出来ました。
コロニーのあるサンゴの中では、かなりの数の集落となっていました。頻繁に触覚をつぐむしぐさがとても可愛いです。




「カンザシヤドカリ属/Paguritta Melin, 1939」の分類




本データベースの作成にあたり、千葉県立中央博物館動物学研究科 駒井智幸 先生より多くの助言を頂きました


0.25 sec



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説