ヤドカリパーク



超ヤドカリ図鑑


ホンヤドカリ科/Paguridae


セルプラヤドカリ属/Lophopagurus McLaughlin, 1981


セルプラヤドカリ/Lophopagurus triserratus (Ortmann, 1892)

画像 画像 特大画像&印刷支援

初めて見たのは当時ヤドカリブームの火付け役とも言われる山田さんのサイトでしたが、そちらの本種はとても小さく、しかもゴカイの棲管と思われる石灰質のチューブに入った個体だったため、まさか本種がセルプラヤドカリだとは思いませんでした。しかも個体としても比較的大きく(と言っても甲長で3mm程度)、水中ではテブクロイトヒキヤドカリに似て見えたこともあり、今回駒井先生に同定を受けるまで想像もしませんでした。
駒井先生によれば、本種はゴカイの棲管以外に通常の巻き貝の殻も利用するとのこと。歩き回れるか否か、この違いは大きいと思うのですが、本種はどうしてこのような性質を持つのか疑問です。


このエントリーをはてなブックマークに追加






「セルプラヤドカリ」 を Google で探す

Google


本データベースの作成にあたり、千葉県立中央博物館動物学研究科 駒井智幸 先生より多くの助言を頂きました


0.31 sec



コンテンツ

スペクトラ LEDスペクトラ解説